近世日本における信仰・参詣と地域社会

この論文をさがす

著者

    • 青柳, 周一 アオヤギ, シュウイチ

書誌事項

タイトル

近世日本における信仰・参詣と地域社会

著者名

青柳, 周一

著者別名

アオヤギ, シュウイチ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

甲第6640号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 序章 / p1 (0005.jp2)
  3. I-「参詣旅行の地域史」の基本的立場と課題 / p1 (0005.jp2)
  4. II-問題関心と分析視角① / p3 (0007.jp2)
  5. III-問題関心と分析視角② / p6 (0010.jp2)
  6. 第一編 村社会と参詣者 / (0021.jp2)
  7. 第一章 近世における富士山参詣者の数量的変遷と諸特質―須走村御師宿帳の分析から― / p18 (0022.jp2)
  8. はじめに / p18 (0022.jp2)
  9. 第一節 米山家宿帳の概要 / p21 (0025.jp2)
  10. 第二節 宿帳中の参詣者来訪記事の分析 / p24 (0028.jp2)
  11. 一―江戸 / p25 (0029.jp2)
  12. 二―武州 / p28 (0032.jp2)
  13. 三―常州 / p31 (0035.jp2)
  14. 四―下総 / p33 (0037.jp2)
  15. 五―奥州 / p34 (0038.jp2)
  16. 六―伊勢 / p36 (0040.jp2)
  17. 第三節 御師宿帳の機能と保存目的について / p39 (0043.jp2)
  18. おわりに / p42 (0046.jp2)
  19. 第二章 富士山御師と宿泊業―在地宗教者と村社会― / p51 (0055.jp2)
  20. はじめに / p51 (0055.jp2)
  21. 第一節 宝永期前後の須走村―環境変化の中の村社会 / p52 (0056.jp2)
  22. 第二節 延享から寛延期―御師集団と村社会 / p57 (0061.jp2)
  23. 第三節 御師・導者宿・「宿屋」―明和~寛政期の須走村の宿泊業 / p64 (0068.jp2)
  24. おわりに / p69 (0073.jp2)
  25. 第二編 地域社会と参詣者 / (0082.jp2)
  26. 第三章 参詣の道・生計の道―近世小田原藩の領内地域支配と富士山参詣者― / p79 (0083.jp2)
  27. はじめに / p79 (0083.jp2)
  28. 第一節 御厨領内交通政策と地域内利害関係 / p80 (0084.jp2)
  29. 第二節 交通拠点としての信仰登山集落―須走村について / p85 (0089.jp2)
  30. 第三節 須走村と古沢村―成長する「間宿」と周辺村々 / p88 (0092.jp2)
  31. おわりに / p94 (0098.jp2)
  32. 第四章 登山道と地域社会―近世後期須山口富士登山道復興過程のスケッチ― / p99 (0103.jp2)
  33. はじめに / p99 (0103.jp2)
  34. 第一節 近世須山村の歴史―登山道中断までの諸相 / p100 (0104.jp2)
  35. 第二節 明和・安永争論と須山村の村方騒動 / p103 (0107.jp2)
  36. 第三節 須山口登山道復興から参詣者誘致へ / p109 (0113.jp2)
  37. おわりに / p116 (0120.jp2)
  38. 第五章 道者・旅籠屋・遊女―近世鶴岡の宿泊業者と都市行政― / p122 (0126.jp2)
  39. はじめに / p122 (0126.jp2)
  40. 第一節 鶴岡市中の道者管理―出判発行ルートと七日町宿泊業者 / p123 (0127.jp2)
  41. 第二節 鶴岡市中他所者管理と七日町―「廻りつけ」と「宿仲間」 / p128 (0132.jp2)
  42. 第三節「隠遊女屋」から下旅籠屋へ―七日町社会構造の変容 / p133 (0137.jp2)
  43. おわりに / p138 (0142.jp2)
  44. 第三編 地域慣習と参詣者 / (0151.jp2)
  45. 第六章 近世後期富士山麓における地域社会像―女人登山禁制をめぐって― / p148 (0152.jp2)
  46. はじめに / p148 (0152.jp2)
  47. 第一節 駿州須山村・須走村の女人登山―信仰登山集落間関係と周辺村々 / p149 (0153.jp2)
  48. 第二節 女人登山禁制の先例化―組合村・郡中・祭祀 / p154 (0158.jp2)
  49. 第三節 信仰登山集落の再生産と外部地域―参詣旅行の変質の中で / p158 (0162.jp2)
  50. おわりに / p162 (0166.jp2)
  51. 第七章 近世在地社会における死骸処理慣行の変容―富士山頂付近の土地管理体制と山名主― / p168 (0172.jp2)
  52. はじめに / p168 (0172.jp2)
  53. 第一節 死骸処理をめぐる衝突―須走村の主張と同村の「懸り場」 / p169 (0173.jp2)
  54. 第二節 富士本宮による死骸処理(1)―嶽役所と山名主 / p175 (0179.jp2)
  55. 第三節 富士本宮による死骸処理(2)―山頂付近の小屋統制構造 / p180 (0184.jp2)
  56. 第四節 死骸処理と境界―山頂付近における社会関係の変化 / p185 (0189.jp2)
  57. おわりに―近世社会の中における富士山頂付近の位置 / p190 (0194.jp2)
  58. (補論)山名主再考―富士山頂付近における社会関係の維持・調整について― / p199 (0203.jp2)
  59. はじめに / p199 (0203.jp2)
  60. 第一節 明和・安永期以降の山名主と須走村・富士本宮 / p199 (0203.jp2)
  61. 第二節 山頂における経営活動の展開―新規事業と山名主の権威化 / p203 (0207.jp2)
  62. おわりに / p206 (0210.jp2)
  63. 終章 / p212 (0216.jp2)
  64. (1)近世後期における参詣者と宿泊業者 / p212 (0216.jp2)
  65. (2)村と町の社会構造の変容について / p215 (0219.jp2)
  66. (3)近世後期の地域社会と参詣者 / p218 (0222.jp2)
  67. 表・地図 / (0239.jp2)
  68. 《第一章》表1~6―2 / p236 (0240.jp2)
  69. 《第二章》表1 / p256 (0260.jp2)
  70. 《第三章》地図1・2 / p257 (0261.jp2)
  71. 《第五章》表1・2、地図1 / p259 (0263.jp2)
  72. 《第七章》図1 / p261 (0265.jp2)
  73. 初出一覧 / p262 (0266.jp2)
10アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170659
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170933
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334973
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ