行動調整の障害とその援助 : 知的障害者と自閉症者を対象として

この論文をさがす

著者

    • 熊井, 正之 クマイ, マサユキ

書誌事項

タイトル

行動調整の障害とその援助 : 知的障害者と自閉症者を対象として

著者名

熊井, 正之

著者別名

クマイ, マサユキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(教育学)

学位授与番号

甲第6645号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. はじめに / p1 (0008.jp2)
  3. 序章 問題と目的 / p3 (0010.jp2)
  4. 第1節 従来の知的障害者と自閉症者の行動調整に関する研究 / p4 (0011.jp2)
  5. 第2節 本研究の目的 / p9 (0016.jp2)
  6. 2-1 知的障害者における行動調整の検討 / p9 (0016.jp2)
  7. 2-2 自閉症者における行動調整の検討 / p16 (0023.jp2)
  8. 第1章 行動調整と、行動調整に用いる情報の種類との関係 / p22 (0029.jp2)
  9. 第1節 健常者における運動行動の促進的機能と、行動調整の手掛かりとなる情報の種類との関係 / p23 (0030.jp2)
  10. 1.目的 / p23 (0030.jp2)
  11. 2.方法と手続き / p24 (0031.jp2)
  12. 3.結果 / p28 (0035.jp2)
  13. 4.考察 / p32 (0039.jp2)
  14. 第2節 知的障害者における運動行動の促進的機能と、行動調整の手掛かりとなる情報の種類との関係 / p33 (0040.jp2)
  15. 1.目的 / p33 (0040.jp2)
  16. 2.方法と手続き / p34 (0041.jp2)
  17. 3.結果 / p37 (0044.jp2)
  18. 4.考察 / p42 (0049.jp2)
  19. 第2章 行動調整とセルフペース反応との関係、及び行動調整と行動調整に用いる情報の提示モード、情報量との関係 / p44 (0051.jp2)
  20. 第1節 健常者における時間的追従行動と、セルフペース反応、及び行動調整に用いる情報の提示モード、情報量との関係 / p45 (0052.jp2)
  21. 1.目的 / p45 (0052.jp2)
  22. 2.方法と手続き / p47 (0054.jp2)
  23. 3.結果 / p55 (0062.jp2)
  24. 4.考察 / p78 (0085.jp2)
  25. 第2節 知的障害者における時間的追従行動と、セルフペース反応、及び行動調整に用いる情報の提示モード、情報量との関係 / p81 (0088.jp2)
  26. 1.目的 / p81 (0088.jp2)
  27. 2.方法と手続き / p83 (0090.jp2)
  28. 3.結果 / p89 (0096.jp2)
  29. 4.考察 / p113 (0120.jp2)
  30. 第3章 行動調整と、行動調整に用いる情報の入手方法との関係 / p116 (0123.jp2)
  31. 第1節 健常者における時間的追従行動と、行動調整に用いる情報の入手方法との関係 / p117 (0124.jp2)
  32. 1.目的 / p117 (0124.jp2)
  33. 2.方法と手続き / p118 (0125.jp2)
  34. 3.結果 / p122 (0129.jp2)
  35. 4.考察 / p124 (0131.jp2)
  36. 第2節 知的障害者における時間的追従行動と、行動調整に用いる情報の入手方法との関係 / p125 (0132.jp2)
  37. 1.目的 / p125 (0132.jp2)
  38. 2.方法と手続き / p126 (0133.jp2)
  39. 3.結果 / p130 (0137.jp2)
  40. 4.考察 / p132 (0139.jp2)
  41. 第4章 行動調整と、行動調整に用いる情報の抽象性との関係 / p133 (0140.jp2)
  42. 第1節 健常者における時間的追従行動と、行動請整に用いる情報の抽象性との関係 / p134 (0141.jp2)
  43. 1.目的 / p134 (0141.jp2)
  44. 2.方法と手続き / p135 (0142.jp2)
  45. 3.結果 / p139 (0146.jp2)
  46. 4.考察 / p141 (0148.jp2)
  47. 第2節 知的障害者における時間的追従行動と、行動調整に用いる情報の抽象性との関係 / p142 (0149.jp2)
  48. 1.目的 / p142 (0149.jp2)
  49. 2.方法と手続き / p143 (0150.jp2)
  50. 3.結果 / p147 (0154.jp2)
  51. 4.考察 / p149 (0156.jp2)
  52. 第5章 行動調整と抑制機能、持続機能との関係 / p150 (0157.jp2)
  53. 1.目的 / p151 (0158.jp2)
  54. 2.方法と手続き / p152 (0159.jp2)
  55. 3.結果 / p157 (0164.jp2)
  56. 4.考察 / p168 (0175.jp2)
  57. 第6章 固執行動と、それに起因する対人・社会的行動の調整の問題 / p170 (0177.jp2)
  58. 1.目的 / p171 (0178.jp2)
  59. 2.方法と手続き / p172 (0179.jp2)
  60. 3.結果 / p177 (0184.jp2)
  61. 4.考察 / p181 (0188.jp2)
  62. 第7章 対人・社会的行動の調整を妨げる固執行動と、刺激の過剰選択性との関連 / p184 (0191.jp2)
  63. 1.目的 / p185 (0192.jp2)
  64. 2.方法と手続き / p186 (0193.jp2)
  65. 3.結果 / p195 (0202.jp2)
  66. 4.考察 / p200 (0207.jp2)
  67. 第8章 他者との相互関係と行動調整の発達、及び行動調整に果たすエコラリアの機能の変化―行動調整を促す指導法への示唆を含めて― / p203 (0210.jp2)
  68. 1.目的 / p204 (0211.jp2)
  69. 2.方法と手続き / p205 (0212.jp2)
  70. 3.結果 / p209 (0216.jp2)
  71. 4.考察 / p219 (0226.jp2)
  72. 第9章 全体的考察と結論 / p223 (0230.jp2)
  73. 第1節 運動行動の調整の障害 / p224 (0231.jp2)
  74. 1-1 運動行動の促進的機能の障害 / p226 (0233.jp2)
  75. 1-2 運動行動の抑制的機能の障害 / p229 (0236.jp2)
  76. 1-3 知的障害者の行動調整と抑制機能、持続機能との関係 / p239 (0246.jp2)
  77. 第2節 対人・社会的行動の調整の障害 / p241 (0248.jp2)
  78. 2-1 固執傾向に起因する対人・社会的行動の調整の障害 / p241 (0248.jp2)
  79. 2-2 対人・社会的行動の調整を妨げる固執行動と刺激の過剰選択性との関連 / p243 (0250.jp2)
  80. 2-3 固執行動と、それによるSOの抑制を促す指導法への示唆 / p246 (0253.jp2)
  81. 2-4 他者との相互関係と行動調整の発達、及び行動調整に果たすエコラリアの機能の変化 / p248 (0255.jp2)
  82. 第3節 結論 / p252 (0259.jp2)
  83. 文献 / p257 (0264.jp2)
  84. 謝辞 / (0273.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170664
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170938
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334978
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ