【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

QCD-likeゲージ理論による高温高密度カイラル相転移の研究

この論文をさがす

著者

    • 桐山, 治 キリヤマ, オサム

書誌事項

タイトル

QCD-likeゲージ理論による高温高密度カイラル相転移の研究

著者名

桐山, 治

著者別名

キリヤマ, オサム

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第6660号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 摂動論的QCD / p2 (0006.jp2)
  4. 1.2 カイラル対称性とその力学的破れ / p4 (0008.jp2)
  5. 1.3 カイラル相転移と本論文の目的 / p8 (0012.jp2)
  6. 2 零温度/密度における有効ポテンシャル / p13 (0017.jp2)
  7. 2.1 零温度/密度におけるCJT有効ポテンシャル / p13 (0017.jp2)
  8. 2.2 有効ポテンシャルに対するカレント質量の効果 / p16 (0020.jp2)
  9. 2.3 QCD-likeゲージ理論 / p22 (0026.jp2)
  10. 3 有限温度/密度におけるCJT有効ポテンシャル / p32 (0036.jp2)
  11. 3.1 有限温度におけるCJT有効ポテンシャル / p33 (0037.jp2)
  12. 3.2 有限密度におけるCJT有効ポテンシャル / p35 (0039.jp2)
  13. 4 高温高密度カイラル相転移―数値計算の結果 / p38 (0042.jp2)
  14. 4.1 T≠0,μ=Oカイラル相転移 / p39 (0043.jp2)
  15. 4.2 T=0,μ≠Oカイラル相転移 / p50 (0054.jp2)
  16. 4.3 T,μ≠Oカイラル相転移―相図 / p56 (0060.jp2)
  17. 5 結論及び考察 / p60 (0064.jp2)
  18. 謝辞 / p66 (0070.jp2)
  19. A CJTポテンシャルとSD方程式 / p67 (0071.jp2)
  20. A.1 IL近似におけるSD方程式 / p67 (0071.jp2)
  21. A.2 SD方程式の漸近解と秩序パラメータ / p71 (0075.jp2)
  22. A.3 波動関数のくり込み / p73 (0077.jp2)
  23. A.4 有効ポテンシャルにおける対数発散の相殺 / p75 (0079.jp2)
  24. A.5 4次元ユークリッド空間における角度積分 / p77 (0081.jp2)
  25. References / p78 (0082.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170679
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170953
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000334993
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ