【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

低エネルギー重陽子照射による固体中でのD+D反応の研究

この論文をさがす

著者

    • 結城, 秀行 ユウキ, ヒデユキ

書誌事項

タイトル

低エネルギー重陽子照射による固体中でのD+D反応の研究

著者名

結城, 秀行

著者別名

ユウキ, ヒデユキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第6669号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

課程

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p3 (0005.jp2)
  3. 1.1 低エネルギー原子核反応 / p3 (0005.jp2)
  4. 1.2 遮蔽効果 / p4 (0006.jp2)
  5. 1.3 常温核融合 / p4 (0006.jp2)
  6. 1.4 本研究とその目的 / p6 (0008.jp2)
  7. 2 遮蔽効果 / p7 (0009.jp2)
  8. 2.1 低エネルギー原子核反応の反応断面積 / p7 (0009.jp2)
  9. 2.2 遮蔽効果と遮蔽ポテンシャル / p9 (0011.jp2)
  10. 2.3 遮蔽効果に関するこれまでの研究 / p14 (0016.jp2)
  11. 2.4 金属中での遮蔽効果 / p15 (0017.jp2)
  12. 3 標的物質の構造と性質 / p18 (0020.jp2)
  13. 3.1 金属と水素吸蔵 / p18 (0020.jp2)
  14. 3.2 PdOの構造 / p19 (0021.jp2)
  15. 4 実験およびデータ解析 / p27 (0029.jp2)
  16. 4.1 大強度重陽子ビーム照射装置 / p27 (0029.jp2)
  17. 4.2 真空槽内のセットアップ / p32 (0034.jp2)
  18. 4.3 測定回路系 / p33 (0035.jp2)
  19. 4.4 出力スペクトルとバックグラウンドの除去 / p36 (0038.jp2)
  20. 4.5 D+D反応の角度分布のための補正 / p45 (0047.jp2)
  21. 4.6 立体角の補正 / p45 (0047.jp2)
  22. 4.7 ビーム電流量の補正 / p49 (0051.jp2)
  23. 5 実験結果 / p51 (0053.jp2)
  24. 5.1 固体中でのD+D反応で得られる収量の計算方法 / p51 (0053.jp2)
  25. 5.2 重陽子ビーム照射時の固体中での重陽子の挙動 / p70 (0072.jp2)
  26. 5.3 収量の入射エネルギー依存性と遮蔽ポテンシャルの値の導出 / p102 (0104.jp2)
  27. 5.4 遮蔽ポテンシャルの系統的誤差 / p123 (0125.jp2)
  28. 6 議論 / p125 (0127.jp2)
  29. 6.1 固体中での遮蔽効果の機構 / p125 (0127.jp2)
  30. 6.2 常温核融合反応の可能性 / p132 (0134.jp2)
  31. 7 結論と今後の課題 / p134 (0136.jp2)
  32. 謝辞 / p137 (0139.jp2)
  33. 参考文献 / p139 (0141.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170688
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170962
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000335002
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ