【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

(γ,η)反応による原子核内核子共鳴状態の研究

この論文をさがす

著者

    • 依田, 哲彦 ヨリタ, テツヒコ

書誌事項

タイトル

(γ,η)反応による原子核内核子共鳴状態の研究

著者名

依田, 哲彦

著者別名

ヨリタ, テツヒコ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第6670号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p4 (0005.jp2)
  3. 1.1 背景 / p4 (0005.jp2)
  4. 1.2 (γ,η)反応における従来の研究 / p11 (0008.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的 / p12 (0009.jp2)
  6. 2 実験 / p13 (0009.jp2)
  7. 2.1 電子シンクロトロン及び標識光子 / p13 (0009.jp2)
  8. 2.2 標的 / p16 (0011.jp2)
  9. 2.3 検出器、セットアップ / p16 (0011.jp2)
  10. 2.4 DAQシステム / p23 (0014.jp2)
  11. 3 CsI(pure)シンチレータ / p26 (0016.jp2)
  12. 3.1 CsI(pure)のe,π,p,dに対する応答 / p26 (0016.jp2)
  13. 3.2 CsI(pure)のγ,nに対する応答 / p41 (0023.jp2)
  14. 3.3 CsI(pure)テスト実験についてのまとめ / p49 (0027.jp2)
  15. 3.4 CsI多重検出器 / p50 (0028.jp2)
  16. 4 データ解析と結果 / p55 (0030.jp2)
  17. 4.1 入射光子数 / p55 (0030.jp2)
  18. 4.2 p(γ,η)反応全断面積 / p58 (0032.jp2)
  19. 4.3 C(γ,η)反応断面積 / p66 (0036.jp2)
  20. 4.4 Al,Cu(γ,η)反応断面積 / p81 (0043.jp2)
  21. 4.5 A(γ,η)反応断面積のエネルギー依存性及び質量数依存性 / p93 (0049.jp2)
  22. 5 QMDモデル計算 / p97 (0051.jp2)
  23. 5.1 QMD:quantum molecular dynamics / p97 (0051.jp2)
  24. 5.2 各要素 / p99 (0052.jp2)
  25. 5.3 In-medium effect / p104 (0055.jp2)
  26. 6 考察 / p108 (0057.jp2)
  27. 6.1 QMD計算と実験値との比較 / p108 (0057.jp2)
  28. 6.2 S₁₁(1535)励起に対する核内効果 / p113 (0059.jp2)
  29. 6.3 Γ₀及びMs₁₁ / p118 (0062.jp2)
  30. 7 結論 / p125 (0065.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170689
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170963
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335003
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ