アルコキシ基または光学活性ビナフチル基を有するフタロシアニンの合成と性質

この論文をさがす

著者

    • 東, 隆司 ヒガシ, リュウジ

書誌事項

タイトル

アルコキシ基または光学活性ビナフチル基を有するフタロシアニンの合成と性質

著者名

東, 隆司

著者別名

ヒガシ, リュウジ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第6700号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第I章 序章 / (0006.jp2)
  3. (I-1)序論 / p1 (0006.jp2)
  4. (I-2)Pcの電子吸収スペクトル / p2 (0007.jp2)
  5. (I-3)磁気円偏光二色性(MCD)スペクトル / p4 (0009.jp2)
  6. (I-4)ディスコディック液晶 / p7 (0012.jp2)
  7. (I-5)測定 / p9 (0014.jp2)
  8. 第II章 周囲にSi-C結合を持つアルコキシ基を付与したフタロシアニンの合成と物性 / p12 (0017.jp2)
  9. (II-1)序 / p12 (0017.jp2)
  10. (II-2)合成 / p12 (0017.jp2)
  11. (II-3)結果 / p20 (0025.jp2)
  12. (II-4)結論 / p27 (0032.jp2)
  13. 第III章 8本または4本のtri(ethylene oxide)鎖を持つ両親媒性フタロシアニンの会合性、錯形成および液晶性 / p29 (0034.jp2)
  14. (III-1)序 / p29 (0034.jp2)
  15. (III-2)合成 / p29 (0034.jp2)
  16. (III-3)結果と考察 / p33 (0038.jp2)
  17. (III-4)結論 / p48 (0053.jp2)
  18. 第IV章 周囲に2つもしくは4つの光学活性ビナフチル基をエーテルもしくはチオエーテル結合を介して結合したフタロシアニンの合成と性質 / p51 (0056.jp2)
  19. (IV-1)序 / p51 (0056.jp2)
  20. (IV-2)合成 / p51 (0056.jp2)
  21. (IV-3)結果 / p56 (0061.jp2)
  22. (IV-4)考察 / p69 (0074.jp2)
  23. (IV-4)結論 / p81 (0086.jp2)
  24. 第V章 総括 / p84 (0089.jp2)
  25. 参考文献 / p86 (0091.jp2)
  26. 謝辞 / p93 (0098.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170719
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000170993
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335033
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ