【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Histamine H1 receptor-mediated inhibition of potassium-evoked release of 5-hydroxytryptamine from mice forebrains : a study of H1 receptor knockout mice 高カリウム刺激によるセロトニン遊離のヒスタミンH1受容体を介する抑制 : H1受容体遺伝子ノックアウトマウスを用いた研究

この論文をさがす

著者

    • 孫, 立智 ソン, リッチ

書誌事項

タイトル

Histamine H1 receptor-mediated inhibition of potassium-evoked release of 5-hydroxytryptamine from mice forebrains : a study of H1 receptor knockout mice

タイトル別名

高カリウム刺激によるセロトニン遊離のヒスタミンH1受容体を介する抑制 : H1受容体遺伝子ノックアウトマウスを用いた研究

著者名

孫, 立智

著者別名

ソン, リッチ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第6796号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 要約 / p4 (0005.jp2)
  3. 緒言 / p5 (0006.jp2)
  4. 研究1:H₁受容体ノックアウトマウスの行動評価 / p6 (0007.jp2)
  5. 1.はじめに / p6 (0007.jp2)
  6. 2.動物の飼育と評価 / p6 (0007.jp2)
  7. 3.行動薬理学的な解析 / p7 (0008.jp2)
  8. 4.結果と考察 / p8 (0009.jp2)
  9. 研究2:モノアミン含量測定 / p10 (0011.jp2)
  10. 1.はじめに / p10 (0011.jp2)
  11. 2.実験材料及び方法 / p10 (0011.jp2)
  12. 3.結果と考察 / p11 (0012.jp2)
  13. 研究3:切片を用いた脳内モノアミン遊離を測定 / p12 (0013.jp2)
  14. 1 はじめに / p12 (0013.jp2)
  15. 2 実験材料及び方法 / p12 (0013.jp2)
  16. 3 結果 / p15 (0016.jp2)
  17. 4 考察 / p17 (0018.jp2)
  18. 総合討論 / p19 (0020.jp2)
  19. 参考文献 / p23 (0024.jp2)
  20. 図の説明 / p26 (0027.jp2)
  21. 図表 / p28 (0029.jp2)
  22. 謝辞 / p46 (0047.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170815
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171089
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335129
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ