常山の新規アルカロイドの構造とその主アルカロイドfebrifugineの一酸化窒素(NO)を介した抗マラリア作用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 村田, 清志 ムラタ, キヨシ

書誌事項

タイトル

常山の新規アルカロイドの構造とその主アルカロイドfebrifugineの一酸化窒素(NO)を介した抗マラリア作用に関する研究

著者名

村田, 清志

著者別名

ムラタ, キヨシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第6826号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

課程

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 各種生薬のin vitroでの殺マラリア原虫活性 / p6 (0008.jp2)
  4. 第2章 常山に含まれる成分の単離と構造 / p10 (0010.jp2)
  5. 第1節 序論 / p10 (0010.jp2)
  6. 第2節 和常山に含まれる新規アルカロイドの単離と構造 / p16 (0015.jp2)
  7. 第3節 常山に含まれるアルカロイドの単離 / p23 (0019.jp2)
  8. 第4節 (+)-Orixineおよび関連化合物の立体化学 / p24 (0019.jp2)
  9. 第3章 常山および和常山成分のin vitroでの殺マラリア原虫活性 / p31 (0023.jp2)
  10. 第4章 常山アルカロイドfebrifugineの活性化マクロファージにおける一酸化窒素(NO)産生増強作用 / p34 (0024.jp2)
  11. 第1節 序論 / p34 (0024.jp2)
  12. 第2節 常山の結核菌(BCG)誘導マウス腹腔マクロファージのNO産生増強作用 / p36 (0025.jp2)
  13. 第3節 既存の抗マラリア剤の活性化マクロファージにおけるNO産生増強作用 / p44 (0029.jp2)
  14. 第4節 Febrifugineのマラリア感染赤血球誘導マウス腹腔内浸潤細胞のNO産生増強作用 / p46 (0030.jp2)
  15. 第5節 マラリア感染マウスの血漿NO濃度とfebrifugineの抗マラリア作用 / p48 (0031.jp2)
  16. 考察 / p60 (0037.jp2)
  17. 結語 / p63 (0039.jp2)
  18. 謝辞 / p67 (0041.jp2)
  19. 第1章 附属実験 / p68 (0041.jp2)
  20. 第2章 附属実験 / p69 (0042.jp2)
  21. 第4章 附属実験 / p83 (0049.jp2)
  22. 引用文献 / p90 (0052.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170845
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171119
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000335159
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ