Ni基合金の粒甲酸化と粒界工学的手法にもとづく酸化脆性制御

この論文をさがす

著者

    • 山浦, 真一 ヤマウラ, シンイチ

書誌事項

タイトル

Ni基合金の粒甲酸化と粒界工学的手法にもとづく酸化脆性制御

著者名

山浦, 真一

著者別名

ヤマウラ, シンイチ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6867号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 粒界酸化と粒界諸性質に関する従来の研究 / p3 (0008.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的および構成 / p14 (0019.jp2)
  6. 第2章 実験方法および結晶粒界のキャラクタリゼーション / p21 (0026.jp2)
  7. 2.1 緒言 / p21 (0026.jp2)
  8. 2.2 結晶粒界のキャラクタリゼーション / p21 (0026.jp2)
  9. 2.3 SEM-ECP法による結晶方位解析 / p24 (0029.jp2)
  10. 2.4 SEM-ECPを用いたセクショニング法による粒界面方位の決定 / p34 (0039.jp2)
  11. 2.5 SEM-EBSP/OIM法による結晶方位解析 / p38 (0043.jp2)
  12. 2.6 材料の選定および作製 / p41 (0046.jp2)
  13. 2.7 実験方法および実験装置 / p42 (0047.jp2)
  14. 第3章 粒界酸化の粒界性格依存性 / p70 (0075.jp2)
  15. 3.1 緒言 / p70 (0075.jp2)
  16. 3.2 結果と考察 / p71 (0076.jp2)
  17. 3.3 結言 / p84 (0089.jp2)
  18. 第4章 粒界酸化の粒界面方位依存性 / p104 (0109.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p104 (0109.jp2)
  20. 4.2 結果と考察 / p105 (0110.jp2)
  21. 4.3 結言 / p109 (0114.jp2)
  22. 第5章 粒界工学的手法による酸化脆性制御 / p114 (0119.jp2)
  23. 5.1 緒言 / p114 (0119.jp2)
  24. 5.2 急冷凝固薄帯の作製条件と組織の関係 / p114 (0119.jp2)
  25. 5.3 粒界酸化脆性に対する粒界微細組織の影響 / p117 (0122.jp2)
  26. 5.4 粒界連結性と粒界幾何学配置の最適化を考慮した粒界酸化脆性の制御 / p121 (0126.jp2)
  27. 5.5 結言 / p122 (0127.jp2)
  28. 第6章 結論 / p140 (0145.jp2)
  29. 謝辞 / p142 (0147.jp2)
  30. 参考文献 / p144 (0149.jp2)
  31. Appendix1(結晶方位解析プログラム) / p149 (0154.jp2)
  32. Appendix2(面心立方金属の対応粒界の幾何学的特徴について) / p159 (0164.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170886
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171160
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335200
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ