炭素ナノチューブの共鳴ラマン散乱

この論文をさがす

著者

    • 菅野, 松佐登 スガノ, マサト

書誌事項

タイトル

炭素ナノチューブの共鳴ラマン散乱

著者名

菅野, 松佐登

著者別名

スガノ, マサト

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6935号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 ナノチューブとは / p1 (0007.jp2)
  4. 1.3 ナノチューブの発見 / p3 (0009.jp2)
  5. 1.2 ナノチューブの応用 / p10 (0016.jp2)
  6. 1.4 ナノチューブの構造と電子状態、振動状態 / p13 (0019.jp2)
  7. 1.5 ナノチューブにおけるラマン散乱 / p27 (0033.jp2)
  8. 1.6 ナノチューブの物性測定の現状 / p28 (0034.jp2)
  9. 1.7 目的 / p33 (0039.jp2)
  10. 第2章 試料の作製と評価 / p34 (0040.jp2)
  11. 2.1 試料作製 / p34 (0040.jp2)
  12. 2.2 試料の評価 / p36 (0042.jp2)
  13. 2.3 結果の検討 / p39 (0045.jp2)
  14. 第3章 共鳴ラマン散乱の測定 / p49 (0055.jp2)
  15. 3.1 実験方法 / p49 (0055.jp2)
  16. 3.2 ラマンスペクトル / p49 (0055.jp2)
  17. 3.3 散乱強度の励起波長依存性 / p53 (0059.jp2)
  18. 第4章 考察 / p57 (0063.jp2)
  19. 4.1 ラマンスペクトルとチューブの直径 / p57 (0063.jp2)
  20. 4.2 ピークのグラファイトのフォノン分散関係による同定 / p62 (0068.jp2)
  21. 4.3 共鳴効果と電子状態の比較 / p67 (0073.jp2)
  22. 4.4 チューブの直径分布 / p72 (0078.jp2)
  23. 第5章 結論 / p76 (0082.jp2)
  24. 謝辞 / (0084.jp2)
  25. 参考文献 / p79 (0085.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170954
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171228
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335268
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ