ゼオライトの微細構造と機能に関する計算化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 姫井, 浩明 ヒメイ, ヒロアキ

書誌事項

タイトル

ゼオライトの微細構造と機能に関する計算化学的研究

著者名

姫井, 浩明

著者別名

ヒメイ, ヒロアキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6952号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第一章 緒言 / p1 (0009.jp2)
  3. 1.1 ゼオライト概論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.2 芳香族炭化水素の吸着分離プロセス / p7 (0015.jp2)
  5. 1.3 排煙脱硝プロセス / p11 (0019.jp2)
  6. 1.4 新規機能性材料としてのゼオライトの適用 / p22 (0030.jp2)
  7. 1.5 本研究の目的 / p27 (0035.jp2)
  8. 第二章 方法 / p29 (0037.jp2)
  9. 2.1 計算化学の現状 / p29 (0037.jp2)
  10. 2.2 分子動力学法 / p30 (0038.jp2)
  11. 2.3 モンテカルロ法 / p34 (0042.jp2)
  12. 2.4 量子化学 / p37 (0045.jp2)
  13. 2. 5 コンピュータグラフィックス / p41 (0049.jp2)
  14. 第三章 フォージャサイト型ゼオライトの微細構造と構造解析手法のシミュレーション / p43 (0051.jp2)
  15. 3.1 緒言 / p43 (0051.jp2)
  16. 3.2 計算方法 / p44 (0052.jp2)
  17. 3.3 フォージャサイト型ゼオライトの構造 / p45 (0053.jp2)
  18. 3.4 フォージャサイト構造のモデル構築とAl³⁺イオン分布に関する²⁹Si MAS NMRシミュレーション / p46 (0054.jp2)
  19. 3.5 高カチオンの分布に関する中性子線回折シミュレーション / p48 (0056.jp2)
  20. 3.6 まとめ / p49 (0057.jp2)
  21. 第四章 フォージャサイト細孔内における交換カチオンのダイナミックス / p51 (0059.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p51 (0059.jp2)
  23. 4.2 計算方法 / p51 (0059.jp2)
  24. 4.3 フォージャサイト型ゼオライト構造の再現と活性サイトの設計 / p52 (0060.jp2)
  25. 4.4 フォージャサイト細孔中での水分子の吸着・拡散挙動と交換カチオンへの影響 / p56 (0064.jp2)
  26. 4.5 まとめ / p57 (0065.jp2)
  27. 第五章 ゼオライト細孔中における金属原子種の配位構造、ダイナミックス、および電子状態の検討 / p59 (0067.jp2)
  28. 5.1 緒言 / p59 (0067.jp2)
  29. 5.2 計算方法 / p59 (0067.jp2)
  30. 5.3 ゼオライト細孔中における金属原子の規則配列 / p61 (0069.jp2)
  31. 5.4 金属原子の規則配列に対する交換カチオンの効果 / p65 (0073.jp2)
  32. 5.5 金属原子と交換カチオンの電子状態と相互作用 / p67 (0075.jp2)
  33. 5.6 まとめ / p70 (0078.jp2)
  34. 第六章 フォージャサイト細孔中における芳香族炭化水素分子の吸着構造とダイナミックスの検討 / p71 (0079.jp2)
  35. 6.1 緒言 / p71 (0079.jp2)
  36. 6.2 既往の研究、およびキシレン選択性 / p71 (0079.jp2)
  37. 6.3 計算方法 / p72 (0080.jp2)
  38. 6.4 種々のイオン交換体中での芳香族炭化水素分子の吸着挙動 / p72 (0080.jp2)
  39. 6.5 分子形状の違いによる吸着状態の相違 / p74 (0082.jp2)
  40. 6.6 分子数の違いによる吸着状態の相違 / p76 (0084.jp2)
  41. 6.7 種々の吸着状態における吸着エネルギーの比較 / p77 (0085.jp2)
  42. 6.8 まとめ / p78 (0086.jp2)
  43. 第七章 NOx還元反応における反応分子の電子状態 / p79 (0087.jp2)
  44. 7.1 緒言 / p79 (0087.jp2)
  45. 7.2 計算方法 / p80 (0088.jp2)
  46. 7.3 窒素酸化物の分子構造 / p80 (0088.jp2)
  47. 7.4 2分子反応 / p83 (0091.jp2)
  48. 7.5 3分子反応 / p90 (0098.jp2)
  49. 7.6 反応中間体 / p94 (0102.jp2)
  50. 7.7 NOx還元反応スキーム / p97 (0105.jp2)
  51. 7.8 まとめ / p98 (0106.jp2)
  52. 第八章 イオン交換ゼオライト上でのNOx還元反応活性化機構 / p99 (0107.jp2)
  53. 8.1 緒言 / p99 (0107.jp2)
  54. 8.2 既往の研究 / p100 (0108.jp2)
  55. 8.3 計算方法 / p100 (0108.jp2)
  56. 8.4 分子濃縮効果 / p102 (0110.jp2)
  57. 8.5 交換カチオンの配位状態 / p103 (0111.jp2)
  58. 8.6 交換カチオンの電子状態 / p106 (0114.jp2)
  59. 8.7 メタン分子の活性化機構 / p111 (0119.jp2)
  60. 8.8 NOx分子の活性化機構 / p118 (0126.jp2)
  61. 8.9 まとめ / p130 (0138.jp2)
  62. 第九章 結言 / p131 (0139.jp2)
  63. おわりに / p133 (0141.jp2)
  64. 論文・解説リスト / p135 (0143.jp2)
  65. 参考文献 / p138 (0146.jp2)
  66. 謝辞 / 14\8 / (0156.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170971
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171245
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335285
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ