耐熱性紅色イオウ光合成細菌由来反応中心・光捕集系アンテナ1の構造解析と分光学的研究

この論文をさがす

著者

    • Insan Fathir インサン ファティール

書誌事項

タイトル

耐熱性紅色イオウ光合成細菌由来反応中心・光捕集系アンテナ1の構造解析と分光学的研究

著者名

Insan Fathir

著者別名

インサン ファティール

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6954号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1-1 緒言 / p2 (0009.jp2)
  4. 1-2 光合成 / p4 (0011.jp2)
  5. 1-3 植物の光合成 / p4 (0011.jp2)
  6. 1-4 光合成細菌の光合成 / p6 (0013.jp2)
  7. 1-5 光合成細菌の分類 / p7 (0014.jp2)
  8. 1-6 光合成細菌の光合成器官 / p8 (0015.jp2)
  9. 1-7 光合成反応中心タンパク質(RC) / p10 (0017.jp2)
  10. 1-8 光捕集系アンテナ錯体(LH1とLH2) / p14 (0021.jp2)
  11. 1-9 反応中心・光捕集系アンテナ1錯体(LH1-RC) / p16 (0023.jp2)
  12. 1-10 光合成関連遺伝子 / p17 (0024.jp2)
  13. 1-11 耐熱性紅色イオウ光合成細菌Chromatium tepidum / p18 (0025.jp2)
  14. 1-12 Chr.tepidumの培養 / p21 (0028.jp2)
  15. 1-13 耐熱性タンパク質の構造 / p22 (0029.jp2)
  16. 1-14 本研究の意義と目的 / p24 (0031.jp2)
  17. 第2章 Chr.tepidumの反応中心(RC)構造遺伝子の解析 / p25 (0032.jp2)
  18. 2-1 Chr.tepidumの反応中心タンパク質 / p26 (0033.jp2)
  19. 2-2 実験の概要 / p27 (0034.jp2)
  20. 2-3 Chr.tepidumゲノムの抽出 / p28 (0035.jp2)
  21. 2-4 PCRの原理 / p30 (0037.jp2)
  22. 2-5 PCRの条件 / p31 (0038.jp2)
  23. 2-6 シークエンス / p36 (0043.jp2)
  24. 2-7 Chr.tepidum pufL,pufM,pufCの塩基配列決定 / p37 (0044.jp2)
  25. 2-8 L、M、C subunitの構造解析 / p50 (0057.jp2)
  26. 2-9 まとめ / p63 (0070.jp2)
  27. 第3章 Chr.tepidumの光捕集系1(LH1)構造遺伝子の解析 / p65 (0072.jp2)
  28. 3-1 Chr.tepidumの光捕集系アンテナ1(LH1) / p66 (0073.jp2)
  29. 3-2 実験の概要 / p67 (0074.jp2)
  30. 3-3 Chr.tepidumのpufA、pufBの塩基配列決定 / p68 (0075.jp2)
  31. 3-4 LH1のα、βsubunitの構造解析 / p76 (0083.jp2)
  32. 3-5 Chr.tepidumのpuƒオペロン / p81 (0088.jp2)
  33. 3-6 ORF (Open Reading Frame) / p83 (0090.jp2)
  34. 3-7 まとめ / p84 (0091.jp2)
  35. 第4章 Chr.tepidumの反応中心-光捕集系1錯体(LH1-RC) / p85 (0092.jp2)
  36. 4-1 Chr.tepidumの反応中心・光捕集系アンテナ1(LH1-RC) / p86 (0093.jp2)
  37. 4-2 Chr.tepidumLH1-RCの単離 / p87 (0094.jp2)
  38. 4-3 Chr.tepidumLH1-RC / p89 (0096.jp2)
  39. 4-4 Chr.tepidumLH1-RCの構成要素 / p91 (0098.jp2)
  40. 4-5 LH1-RCの吸収スペクトル測定 / p94 (0101.jp2)
  41. 4-6 LH1-RCの円偏光二色性スペクトル測定 / p96 (0103.jp2)
  42. 4-7 LH1-RCに対するイオンの影響 / p97 (0104.jp2)
  43. 4-8 Chr.tepidumLH1のαsubunit一次構造の検討 / p101 (0108.jp2)
  44. 4-9 まとめ / p102 (0109.jp2)
  45. 第5章 熱安定性と構造解析 / p104 (0111.jp2)
  46. 5-1 Chr.tepidumLH1-RCの熱安定性 / p105 (0112.jp2)
  47. 5-2 Chr.tepidumLH1-RCの熱安定性測定 / p106 (0113.jp2)
  48. 5-3 ICMの熱安定性測定 / p107 (0114.jp2)
  49. 5-4 界面活性剤とイオンの影響 / p109 (0116.jp2)
  50. 5-5 一次構造の比較 / p110 (0117.jp2)
  51. 5-6 まとめ / p114 (0121.jp2)
  52. 第6章 総括 / p116 (0123.jp2)
  53. 6-1 総括 / p117 (0124.jp2)
  54. 6-2 今後の課題 / p120 (0127.jp2)
  55. 参考文献 / p121 (0128.jp2)
  56. 謝辞 / p126 (0133.jp2)
  57. 後記 / p127 (0134.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000170973
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171247
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335287
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ