回分式間欠ばっ気活性汚泥法による豚舎排水の高度処理に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 全, 恵玉 チョン, ヘオク

書誌事項

タイトル

回分式間欠ばっ気活性汚泥法による豚舎排水の高度処理に関する研究

著者名

全, 恵玉

著者別名

チョン, ヘオク

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6994号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 総論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1節 研究の背景および目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2節 論文の構成 / p5 (0011.jp2)
  5. 参考文献 / p7 (0013.jp2)
  6. 第2章 畜舎排水の高度処理に関する既往の研究 / p8 (0014.jp2)
  7. 2.1節 緒論 / p8 (0014.jp2)
  8. 2.2節 日本および韓国の畜舎排水処理の現状と課題 / p9 (0015.jp2)
  9. 2.2.1 畜産業の概要 / p9 (0015.jp2)
  10. 2.2.2 畜舎排水の発生量と原単位 / p13 (0019.jp2)
  11. 2.2.3 畜舎排水の処理方法および課題 / p21 (0027.jp2)
  12. 2.3節 畜舎排水の高度処理 / p29 (0035.jp2)
  13. 2.3.1 畜舎排水の高度処理方法と浄化機構 / p29 (0035.jp2)
  14. 2.3.2 回分式間欠ばっ気活性汚泥法 / p30 (0036.jp2)
  15. 2.4節 活性汚泥の管理指標としての活性度 / p33 (0039.jp2)
  16. 2.4.1 活性汚泥の活性度評価の意義 / p33 (0039.jp2)
  17. 2.4.2 活性汚泥の活性度評価手法 / p34 (0040.jp2)
  18. 2.4.3 活性汚泥の制御と管理指標 / p40 (0046.jp2)
  19. 2.5節 排水処理過程における窒素除去機構とN₂Oの生成 / p41 (0047.jp2)
  20. 2.5.1 生物学的硝化反応におけるN₂Oの生成機構 / p41 (0047.jp2)
  21. 2.5.2 生物学的脱室反応におけるN₂Oの生成機構 / p43 (0049.jp2)
  22. 2.6節 研究課題の整理 / p46 (0052.jp2)
  23. 参考文献 / p48 (0054.jp2)
  24. 第3章 回分式間欠ばっ気活性汚泥法の管理指標 / p57 (0063.jp2)
  25. 3.1節 緒論 / p57 (0063.jp2)
  26. 3.2節 材料および方法 / p58 (0064.jp2)
  27. 3.2.1 供試活性汚泥 / p58 (0064.jp2)
  28. 3.2.2 有機物酸化活性およびアンモニア酸化活性、亜硝酸酸化活性の評価方法 / p58 (0064.jp2)
  29. 3.2.3 基質および硝化阻害剤の添加方法 / p60 (0066.jp2)
  30. 3.2.4 細菌数の測定 / p61 (0067.jp2)
  31. 3.2.5 活性度の測定 / p61 (0067.jp2)
  32. 3.3節 実験結果および考察 / p63 (0069.jp2)
  33. 3.3.1 有機物酸化活性および硝化活性の評価 / p63 (0069.jp2)
  34. 3.3.2 豚舎排水を処理する回分式間欠ばっ気活性汚泥法の活性度の評価 / p75 (0081.jp2)
  35. 3.4節 結論 / p79 (0085.jp2)
  36. 参考文献 / p80 (0086.jp2)
  37. 第4章 回分式間欠ばっ気活性汚泥法における運転操作因子の適正化 / p83 (0089.jp2)
  38. 4.1節 緒論 / p83 (0089.jp2)
  39. 4.2節 実験方法 / p84 (0090.jp2)
  40. 4.2.1 供試排水 / p84 (0090.jp2)
  41. 4.2.2 実験装置 / p85 (0091.jp2)
  42. 4.2.3 実験条件 / p87 (0093.jp2)
  43. 4.2.4 分析項目および方法 / p89 (0095.jp2)
  44. 4.3節 実験結果および考察 / p89 (0095.jp2)
  45. 4.3.1 運転操作因子が処理水質に及ぼす影響 / p89 (0095.jp2)
  46. 4.3.2 運転操作因子がN₂Oガス発生に及ぼす影響 / p94 (0100.jp2)
  47. 4.3.3 運転操作が活性汚泥の活性度に及ぼす影響 / p98 (0104.jp2)
  48. 4.3.4 窒素除去に着目した運転操作因子の適切化 / p102 (0108.jp2)
  49. 4.3.5 運転操作因子が生物相に及ぼす影響 / p104 (0110.jp2)
  50. 4.4節 結論 / p109 (0115.jp2)
  51. 参考文献 / p111 (0117.jp2)
  52. 第5章 回分式間欠ばっ気活性汚泥法による豚舎排水処理の現場実験 / p115 (0121.jp2)
  53. 5.1節 緒論 / p115 (0121.jp2)
  54. 5.2節 実験方法 / p116 (0122.jp2)
  55. 5.2.1 実験装置 / p116 (0122.jp2)
  56. 5.2.2 運転条件 / p118 (0124.jp2)
  57. 5.2.3 測定項目および方法 / p120 (0126.jp2)
  58. 5.2.4 汚泥の性状 / p120 (0126.jp2)
  59. 5.2.5 17β-エストラジオールの分析 / p121 (0127.jp2)
  60. 5.3節 実験結果および考察 / p121 (0127.jp2)
  61. 5.3.1 豚舎排水の水質特性 / p121 (0127.jp2)
  62. 5.3.2 有機物の除去特性 / p122 (0128.jp2)
  63. 5.3.3 窒素の除去特性 / p125 (0131.jp2)
  64. 5.3.4 活性汚泥の性状 / p128 (0134.jp2)
  65. 5.3.5 活性汚泥の微生物相 / p129 (0135.jp2)
  66. 5.3.6 豚舎排水処理における17β-エストラジオールの挙動 / p132 (0138.jp2)
  67. 5.4節 結論 / p134 (0140.jp2)
  68. 参考文献 / p136 (0142.jp2)
  69. 第6章 総括および展望 / p139 (0145.jp2)
  70. 略語および記号表 / p142 (0149.jp2)
  71. 謝辞 / p144 (0151.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171013
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171287
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335327
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ