AE解析によるコンクリートの損傷過程の研究

この論文をさがす

著者

    • 山ノ内, 正司 ヤマノウチ, マサジ

書誌事項

タイトル

AE解析によるコンクリートの損傷過程の研究

著者名

山ノ内, 正司

著者別名

ヤマノウチ, マサジ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6997号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 要旨 / p1 (0004.jp2)
  2. 本論文で用いる主な記号 / p4 (0007.jp2)
  3. 目次 / p6 (0009.jp2)
  4. 第1章 序論 / p1 (0011.jp2)
  5. 1.1 研究の背景 / p1 (0011.jp2)
  6. 1.2 研究の目的および論文の構成 / p6 (0016.jp2)
  7. 第2章 一軸圧縮時におけるコンクリートのAE発生特性の定式化 / p8 (0018.jp2)
  8. 2.1 概要 / p8 (0018.jp2)
  9. 2.2 AE発生特性の定式化 / p9 (0019.jp2)
  10. 2.3 凍結融解を受けたコンクリートのAE発生特性 / p14 (0024.jp2)
  11. 2.4 応力履歴を受けたコンクリートのAE発生特性 / p18 (0028.jp2)
  12. 2.5 考察 / p20 (0030.jp2)
  13. 2.6 まとめ / p22 (0032.jp2)
  14. 第3章 損傷変数に基づいたコンクリートのAE発生特性の定式化とその考察 / p23 (0033.jp2)
  15. 3.1 概要 / p23 (0033.jp2)
  16. 3.2 一軸圧縮時の変形とAE発生特性 / p23 (0033.jp2)
  17. 3.3 損傷変数に基づいた一軸圧縮特性のモデル化 / p25 (0035.jp2)
  18. 3.4 AE発生特性とその考察 / p28 (0038.jp2)
  19. 3.5 レートプロセス理論におけるAE発生密度関数 / p35 (0045.jp2)
  20. 3.6 まとめ / p39 (0049.jp2)
  21. 第4章 変位くい違い理論に基づいたAE波形のシミュレーション / p41 (0051.jp2)
  22. 4.1 概要 / p41 (0051.jp2)
  23. 4.2 変位くい違い理論に基づいた弾性波の解析 / p42 (0052.jp2)
  24. 4.3 結果および考察 / p50 (0060.jp2)
  25. 4.4 まとめ / p58 (0068.jp2)
  26. 第5章 AE解析によるコンクリートの引張軟化過程の考察 / p59 (0069.jp2)
  27. 5.1 概要 / p59 (0069.jp2)
  28. 5.2 実験方法 / p60 (0070.jp2)
  29. 5.3 AE位置標定方法 / p63 (0073.jp2)
  30. 5.4 引張軟化曲線の推定 / p67 (0077.jp2)
  31. 5.5 結果および考察 / p70 (0080.jp2)
  32. 5.6 まとめ / p106 (0116.jp2)
  33. 第6章 結論 / p108 (0118.jp2)
  34. 謝辞 / (0120.jp2)
  35. 参考文献 / Ref.1 / (0121.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171016
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171290
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335330
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ