HP局面構造の座屈後の変形特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 郭, [ロ] カク, ロ

書誌事項

タイトル

HP局面構造の座屈後の変形特性に関する研究

著者名

郭, [ロ]

著者別名

カク, ロ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第7001号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 既往の研究と問題点 / p3 (0008.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p6 (0011.jp2)
  6. 第2章 解析モデル / p7 (0012.jp2)
  7. 2.1 序 / p7 (0012.jp2)
  8. 2.2 解析モデル / p8 (0013.jp2)
  9. 第3章 解析手法 / p12 (0017.jp2)
  10. 3.1 序 / p12 (0017.jp2)
  11. 3.2 有限要素法による幾何学的非線形増分型釣り合い方程式の誘導 / p13 (0018.jp2)
  12. 3.3 座屈現象発生の判断方法 / p28 (0033.jp2)
  13. 3.4 座屈後変形特性の解析方法 / p31 (0036.jp2)
  14. 3.5 まとめ / p34 (0039.jp2)
  15. 第4章 曲げ剛性を無視したHP曲面構造の座屈後の変形特性 / p35 (0040.jp2)
  16. 4.1 序 / p35 (0040.jp2)
  17. 4.2 張力場理論によるHP曲面構造の座屈発生後の変形特性 / p36 (0041.jp2)
  18. 4.3 座屈理論によるHP曲面構造の座屈後の変形特性 / p42 (0047.jp2)
  19. 4.4 張力場解析法と座屈解析法による解析結果の比較 / p77 (0082.jp2)
  20. 4.5 まとめ / p83 (0088.jp2)
  21. 第5章 曲げ剛性を考慮したHP曲面構造の座屈後の変形特性 / p85 (0090.jp2)
  22. 5.1 序 / p85 (0090.jp2)
  23. 5.2 座屈理論によるHP曲面構造の座屈後の変形特性 / p86 (0091.jp2)
  24. 5.3 曲げ剛性の有無に対する解析結果の比較 / p98 (0103.jp2)
  25. 5.4 まとめ / p105 (0110.jp2)
  26. 第6章 結論 / p106 (0111.jp2)
  27. 参考文献 / p109 (0114.jp2)
  28. 謝辞 / p111 (0116.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171020
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171294
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335334
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ