マスコンクリートの施工管理の合理化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 川口, 徹 カワグチ, トオル

書誌事項

タイトル

マスコンクリートの施工管理の合理化に関する研究

著者名

川口, 徹

著者別名

カワグチ, トオル

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第7006号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1.研究の背景と目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2.本研究の範囲及び論文の構成 / p3 (0008.jp2)
  5. 2章 マスコンクリートの強度発現性状に関する実験的研究 / p5 (0010.jp2)
  6. 2.1.緒言 / p5 (0010.jp2)
  7. 2.2.フライアッシュセメントを用いたマスコンクリートの強度発現性状 / p6 (0011.jp2)
  8. 2.3.中庸熱フライアッシュセメントを用いた高強度マスコンクリートの強度発現性状 / p31 (0036.jp2)
  9. 2.4.マスコンクリートの強度管理方法に関する提案 / p42 (0047.jp2)
  10. 2.5.結び / p67 (0072.jp2)
  11. 3章 マスコンクリートの温度応力の計測方法に関する研究 / p69 (0074.jp2)
  12. 3.1.緒言 / p69 (0074.jp2)
  13. 3.2.有効応力計の特性と計測精度に関する考察 / p71 (0076.jp2)
  14. 3.3.歪計を用いた温度応力の推定方法の提案 / p77 (0082.jp2)
  15. 3.4.実大基礎ブロックに発生する温度応力の評価に関する実験的検討 / p80 (0085.jp2)
  16. 3.5.結び / p102 (0107.jp2)
  17. 4章 マスコンクリートの温度応力解析方法に関する研究 / p103 (0108.jp2)
  18. 4.1.緒言 / p103 (0108.jp2)
  19. 4.2.温度応力解析に関する既往の研究 / p104 (0109.jp2)
  20. 4.3.三次元有限要素法による温度応力解析方法の提案 / p110 (0115.jp2)
  21. 4.4.温度応力の解析による推定結果と実験結果の比較検討 / p116 (0121.jp2)
  22. 4.5.結び / p141 (0146.jp2)
  23. 5章 施工条件が温度応力に及ぼす影響に関する解析的研究 / p142 (0147.jp2)
  24. 5.1.緒言 / p142 (0147.jp2)
  25. 5.2.解析上の設定条件 / p143 (0148.jp2)
  26. 5.3.基礎スラブ上に打設される壁状構造物に関する検討 / p144 (0149.jp2)
  27. 5.4.岩盤上に打設されるスラブ状構造物に関する検討 / p163 (0168.jp2)
  28. 5.5.マスコンクリートの施工計画上の留意事項に関する提案 / p176 (0181.jp2)
  29. 5.6.結び / p178 (0183.jp2)
  30. 6章 結論 / p179 (0184.jp2)
  31. 謝辞 / p182 (0187.jp2)
  32. 参考文献 / p183 (0188.jp2)
  33. 発表論文 / p186 (0191.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171025
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171299
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335339
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ