現代検察官論

この論文をさがす

著者

    • 川崎, 英明 カワサキ, ヒデアキ

書誌事項

タイトル

現代検察官論

著者名

川崎, 英明

著者別名

カワサキ, ヒデアキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(法学)

学位授与番号

乙第7484号

学位授与年月日

1998-04-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. はしがき / p1 (0003.jp2)
  2. 第一章 検察官論の課題 / p1 (0008.jp2)
  3. 第一節 検察の現状 / p3 (0009.jp2)
  4. 第二節 戦後刑事司法改革と検察制度 / p11 (0013.jp2)
  5. 第三節「検察の民主化」への営為-一九六〇年代- / p17 (0016.jp2)
  6. 第四節 検察の失地回復-一九七〇年代から八〇年代半ばまで- / p25 (0020.jp2)
  7. 第五節「検察の民主化」の課題 / p32 (0024.jp2)
  8. 第二章 検察制度の史的考察-ドイツ検察制度の史的展開- / p37 (0026.jp2)
  9. 第一節 ドイツ検察制度の分析視角 / p39 (0027.jp2)
  10. 一 刑事手続改革と検察官論の展開過程 / p40 (0028.jp2)
  11. 二 歴史的分析の視角 / p63 (0039.jp2)
  12. 第二節 ドイツ検察制度の生成過程 / p73 (0044.jp2)
  13. 一 刑事訴訟の近代化と検察制度 / p73 (0044.jp2)
  14. 二 自由主義的検察官論の展開-ミッターマイヤーとツァハリーエの検察官論- / p83 (0049.jp2)
  15. 三 検察制度の立法過程-領邦政府の対応- / p93 (0054.jp2)
  16. 四 検察制度改革論の展開 / p121 (0068.jp2)
  17. 第三節 ドイツ検察制度の確立過程-帝国司法法典の検察制度- / p132 (0074.jp2)
  18. 一 帝国司法法典草案の検察官論 / p132 (0074.jp2)
  19. 二 帝国司法法典草案批判論の検察官論 / p142 (0079.jp2)
  20. 三 帝国議会と検察制度 / p151 (0083.jp2)
  21. 四 帝国司法法典の検察官論 / p181 (0098.jp2)
  22. 第四節 検察官論の歴史的視角 / p188 (0102.jp2)
  23. 第三章 検察官論の展開 / p193 (0104.jp2)
  24. 第一節 当事者主義論と検察官論-準司法官論・客観義務論批判- / p195 (0105.jp2)
  25. 第二節「市民の公訴権」理念と私人訴追主義論 / p204 (0110.jp2)
  26. 一「市民の公訴権」理念の問題意識 / p204 (0110.jp2)
  27. 二 私人訴追主義論の展開(その1) / p209 (0112.jp2)
  28. 三 私人訴追主義論の展開(その2) / p222 (0119.jp2)
  29. 四 私人訴追主義論と検察官論の視角 / p228 (0122.jp2)
  30. 第三節 付審判制度と「市民の公訴権」理念-付審判制度活性化の基礎視点- / p230 (0123.jp2)
  31. 一 問題の所在 / p230 (0123.jp2)
  32. 二 付審判公判の問題点 / p234 (0125.jp2)
  33. 三 請求審の問題点 / p242 (0129.jp2)
  34. 四 今後の展望 / p246 (0131.jp2)
  35. 第四章 検察官論の展望 / p249 (0132.jp2)
  36. 第一節 当事者主義論の課題と検察官論 / p251 (0133.jp2)
  37. 第二節 検察官論の展望 / p266 (0141.jp2)
  38. 人名索引 / p282 (0149.jp2)
  39. 事項索引 / p287 (0151.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171080
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171354
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335394
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ