カルシウム拮抗薬の腎作用に関する薬理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 高原, 章 タカハラ, アキラ

書誌事項

タイトル

カルシウム拮抗薬の腎作用に関する薬理学的研究

著者名

高原, 章

著者別名

タカハラ, アキラ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第7506号

学位授与年月日

1998-06-17

注記・抄録

博士論文

論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序章 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 付記 / p4 (0007.jp2)
  4. 第1章 アンジオテンシンIIによる腎血管収縮発現における細胞内へのCa²⁺動員 / p5 (0007.jp2)
  5. 第1節 アンジオテンシンIIによる腎血管収縮に対するカルシウム拮抗薬CD-349の作用 / p6 (0008.jp2)
  6. 第2節 アンジオテンシンIIによる腎血管収縮に対するCa²⁺チャンネル活性化薬Bay K 8644の作用 / p8 (0009.jp2)
  7. 第3節 アンジオテンシンIIによる腎血管収縮に対する細胞内カルシウム遊離阻害薬TMB-8の作用 / p9 (0009.jp2)
  8. 第4節 考察 / p12 (0011.jp2)
  9. 第2章 アンジオテンシンIIによる腎および腸間膜血管収縮発現における細胞内へのCa²⁺動員に関する臓器差異 / p15 (0012.jp2)
  10. 第1節 アンジオテンシンII腸間膜動脈内投与による腸間膜血管収縮作用に対するカルシウム拮抗薬ニフェジピンと細胞内力ルシウム遊離阻害薬TMB-8の作用 / p15 (0012.jp2)
  11. 第2節 アンジオテンシンII静脈内投与による腎および腸間膜血管収縮に対するカルシウム拮抗薬ニフェジピンと細胞内カルシウム遊離阻害薬TMB-8の作用 / p18 (0014.jp2)
  12. 第3節 考察 / p22 (0016.jp2)
  13. 第3章 アンジオテンシンIIによる抗利尿発現における細胞内へのCa²⁺動員 / p24 (0017.jp2)
  14. 第1節 細胞内カルシウム遊離阻害薬TMB-8の尿生成に与える影響 / p25 (0017.jp2)
  15. 第2節 アンジオテンシンIIの抗利尿作用に対するカルシウム拮抗薬ニフェジピンと細胞内カルシウム遊離阻害薬TMB-8の作用 / p27 (0018.jp2)
  16. 第3節 腎アンジオテンシンII受容体結合に対するカルシウム拮抗薬ニフェジピンと細胞内カルシウム遊離阻害薬TMB-8の作用 / p31 (0020.jp2)
  17. 第4節 考察 / p32 (0021.jp2)
  18. 第4章 N型Ca²⁺チャンネル阻害作用を併せ持つカルシウム拮抗薬シルニジピンの腎作用 / p35 (0022.jp2)
  19. 第1節 交感神経節細胞におけるシルニジピンのN型Ca²⁺チャンネルに対する作用 / p36 (0023.jp2)
  20. 第2節 腎交感神経刺激による腎血管収縮に対するシルニジピンの作用 / p41 (0025.jp2)
  21. 第3節 腎交感神経刺激による抗利尿およびノルエピネフリン放出に対するシルニジピンの作用 / p43 (0026.jp2)
  22. 第4節 考察 / p45 (0027.jp2)
  23. 第5章 総括 / p48 (0029.jp2)
  24. 謝辞 / p50 (0030.jp2)
  25. 引用文献 / p51 (0030.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171102
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171376
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000335416
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ