【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

意識の自然

この論文をさがす

著者

    • 谷, 徹 タニ, トオル

書誌事項

タイトル

意識の自然

著者名

谷, 徹

著者別名

タニ, トオル

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

乙第7614号

学位授与年月日

1998-11-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. まえがき / p1 (0003.jp2)
  2. 凡例 / p25 (0015.jp2)
  3. 序 / p1 (0018.jp2)
  4. I フッサール現象学の五つの源流 / (0026.jp2)
  5. 第一章 事象そのものヘ マッハ / p19 (0027.jp2)
  6. 1 現象学というタイトル 事象そのものへの回り道/近道 / p22 (0029.jp2)
  7. 2 マッハとフッサール / p41 (0038.jp2)
  8. 3 事象そのものとは何か / p57 (0046.jp2)
  9. 4 要約 / p59 (0047.jp2)
  10. 5 補遺 生活世界という概念の起源 / p60 (0048.jp2)
  11. 6 補遺 理念化という概念の起源 / p71 (0053.jp2)
  12. 第二章 志向性 ブレンターノ / p83 (0059.jp2)
  13. 1 ブレンターノからの継承 / p85 (0060.jp2)
  14. 2 フッサールにおける志向性概念の展開 / p89 (0062.jp2)
  15. 3 要約 / p97 (0066.jp2)
  16. 第三章 イデアリテート・アプリオリ・本質/形相 ロッツェ・ボルツァーノ・ライプニッツ / p99 (0067.jp2)
  17. 1 心理学主義の導入/批判とイデアリテート承認の経緯 / p100 (0068.jp2)
  18. 2 イデアリデートと直観・記述 / p122 (0079.jp2)
  19. 3 イデアリテート承認の現象学的意義 / p123 (0079.jp2)
  20. 4 要約 / p125 (0080.jp2)
  21. 第四章 普遍学と二重の根拠づけ デカルト・ライプニッツ・カント / p127 (0081.jp2)
  22. 1 新デカルト主義とデカルトの普遍学 / p128 (0082.jp2)
  23. 2 ライプニッツの普遍学 / p134 (0085.jp2)
  24. 3 カントの純粋論理学 / p136 (0086.jp2)
  25. 4 フッサールの純粋論理学と認識論(超越論的現象学) / p138 (0087.jp2)
  26. 5 二重の根拠づけとその由来 / p141 (0088.jp2)
  27. 6 要約 / p143 (0089.jp2)
  28. 第五章 超越論性ヒューム・デカルト・プフェンダー / p145 (0090.jp2)
  29. 1 超越論性という概念の成立の経緯 / p145 (0090.jp2)
  30. 2 超越化的思考作用の問題 / p172 (0104.jp2)
  31. 3 自我の問題 / p179 (0107.jp2)
  32. 4 相互主観性の問題 / p185 (0110.jp2)
  33. 5 現象学の基本構造超越論性と他の四つの源流とのつながり / p195 (0115.jp2)
  34. 第六章 補遺人間フッサールの個人的背景と時代的背景 / p199 (0117.jp2)
  35. 1 フッサールの素質的傾向 / p199 (0117.jp2)
  36. 2 数学から哲学への転向 / p200 (0118.jp2)
  37. 3 マサリクとの関係 / p205 (0120.jp2)
  38. 4 学問の成立基盤の危機と使命/召命 / p207 (0121.jp2)
  39. 5 ヨーロッパ的人間性の危機 / p208 (0122.jp2)
  40. 6 フッサールの姓の起源説 / p211 (0123.jp2)
  41. 第II部への移行 / p211 (0123.jp2)
  42. 序および第I部の註 / p213 (0124.jp2)
  43. II 現象学の全体構造 / (0142.jp2)
  44. 第II部の序 / p251 (0143.jp2)
  45. 第一章 対象の構成 / p255 (0145.jp2)
  46. 1 対象とは / p255 (0145.jp2)
  47. 2 対象の意味 / p272 (0154.jp2)
  48. 3 対象の存在 / p303 (0169.jp2)
  49. 4 対象の時間 / p320 (0178.jp2)
  50. 5 想像対象の意味・存在・時間 / p336 (0186.jp2)
  51. 6 現象学的還元 / p366 (0201.jp2)
  52. 7 第II部第一章の要約とそこから引き出される結論 / p372 (0204.jp2)
  53. 第二章 世界の構成 / p375 (0205.jp2)
  54. 1 世界と対象の相違 / p375 (0205.jp2)
  55. 2 時間の構成 / p377 (0206.jp2)
  56. 3 空間の構成 / p416 (0226.jp2)
  57. 4 世界そのものの構成 / p433 (0234.jp2)
  58. 第III部への移行 / p459 (0247.jp2)
  59. 第II部の註 / p461 (0248.jp2)
  60. III 意識の自然 / (0263.jp2)
  61. 第III部の序 / p493 (0264.jp2)
  62. 第一章 ハイデガーと存在 / p497 (0266.jp2)
  63. 1 俯瞰 / p497 (0266.jp2)
  64. 2 ハイデガーと自然(ピュシス) / p514 (0275.jp2)
  65. 3 空間と時間の交叉配列的贈与 / p526 (0281.jp2)
  66. 4 存在(自然)と現存在(人間) / p529 (0282.jp2)
  67. 5 要約 / p532 (0284.jp2)
  68. 第二章 フィンクと世界 / p533 (0284.jp2)
  69. 1 思弁的思考 / p533 (0284.jp2)
  70. 2 フッサールとフィンク / p536 (0286.jp2)
  71. 3 フィンクとハイデガー / p538 (0287.jp2)
  72. 4 賭けに置く 現存在の措定 / p540 (0288.jp2)
  73. 5 世界の支配と人間の遊び 象徴 / p542 (0289.jp2)
  74. 6 失敗と無目的性 / p544 (0290.jp2)
  75. 7 要約 / p545 (0290.jp2)
  76. 第三章 メルロ=ポンティと肉 / p547 (0291.jp2)
  77. 1 俯瞰 / p548 (0292.jp2)
  78. 2 身体から自然/存在/肉へ / p553 (0294.jp2)
  79. 3 要約 / p569 (0302.jp2)
  80. 第四章 シェリングと現象学的な自然哲学の可能性 / p571 (0303.jp2)
  81. 1 主体としての自然 / p572 (0304.jp2)
  82. 2 構築する自然の論理発生 / p574 (0305.jp2)
  83. 3 要約 / p585 (0310.jp2)
  84. 第五章 レヴィナスと自然の他者 / p587 (0311.jp2)
  85. 1 レヴィナスの他者論/時間論 / p589 (0312.jp2)
  86. 2 時間に先立つ他者 / p593 (0314.jp2)
  87. 3 連続的な時間の構成 / p596 (0316.jp2)
  88. 4 要約 / p598 (0317.jp2)
  89. 第六章 フッサールと相互主観性 / p599 (0317.jp2)
  90. 1 静態的分析における他者構成の狙い / p601 (0318.jp2)
  91. 2 フッサール晩年の他者論の狙い / p612 (0324.jp2)
  92. 3 他者構成の深層 / p615 (0325.jp2)
  93. 4 他者構成の中層 / p632 (0334.jp2)
  94. 5 他者構成の表層 / p643 (0339.jp2)
  95. 6 原初の異他性 / p655 (0345.jp2)
  96. 7 歴史の構成と解釈 / p659 (0347.jp2)
  97. 第七章 形而上学 / p667 (0351.jp2)
  98. 1 現象学的形而上学の概念 / p667 (0351.jp2)
  99. 2 世代性 / p669 (0352.jp2)
  100. 3 誕生と死 超越論的有限性 / p676 (0356.jp2)
  101. 4 現象学的形而上学の諸相 / p679 (0357.jp2)
  102. 5 生き抜かれた形而上学 自然の贈与と自然の他者 / p683 (0359.jp2)
  103. 6 要約 / p686 (0361.jp2)
  104. 第III部の註 / p689 (0362.jp2)
  105. 参考文献 / p717 (0376.jp2)
  106. あとがき / p727 (0381.jp2)
  107. 人名索引/事項索引 / p1 (0387.jp2)
11アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171210
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171484
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335524
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ