逆行性健忘を用いたナメクジ記憶構造の行動学的解析

この論文をさがす

著者

    • 山田, 淳 ヤマダ, アツシ

書誌事項

タイトル

逆行性健忘を用いたナメクジ記憶構造の行動学的解析

著者名

山田, 淳

著者別名

ヤマダ, アツシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第7618号

学位授与年月日

1998-12-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 総論 / p4 (0006.jp2)
  3. 第2章 生物における学習と記憶 / p6 (0008.jp2)
  4. 2.l はじめに / p6 (0008.jp2)
  5. 2.2 学習の方法 / p8 (0010.jp2)
  6. 2.3 記憶の状態 / p28 (0030.jp2)
  7. 2.4 記憶障害 / p36 (0038.jp2)
  8. 2.5 記憶のモデル / p41 (0043.jp2)
  9. 2.6 まとめ / p44 (0046.jp2)
  10. 第3章 コウラナメクジ記憶の一般的性質と冷却による逆行性健忘 / p45 (0047.jp2)
  11. 3.1 はじめに / p45 (0047.jp2)
  12. 3.2 実験方法 / p48 (0050.jp2)
  13. 3.3 獲得能力 / p53 (0055.jp2)
  14. 3.4 保持能力 / p61 (0063.jp2)
  15. 3.5 関係能力(強化刺激の種類) / p63 (0065.jp2)
  16. 3.6 高次条件付け / p67 (0069.jp2)
  17. 3.7 逆行性健忘の基礎的性質 / p77 (0079.jp2)
  18. 3.8 逆行性健忘成立の必要条件 / p81 (0083.jp2)
  19. 3.9 条件付け翌日の逆行性健忘 / p85 (0087.jp2)
  20. 3.10 まとめ / p87 (0089.jp2)
  21. 第4章 コウラナメクジ学習過程と記憶状態の動的変化 / p89 (0091.jp2)
  22. 4.1 はじめに / p89 (0091.jp2)
  23. 4.2 学習過程の記憶状態変化(短期記憶と長期記憶) / p90 (0092.jp2)
  24. 4.3 長期記憶の活性化と健忘 / p91 (0093.jp2)
  25. 4.4 長期記憶の時間変化 / p94 (0096.jp2)
  26. 4.5 強化学習による長期記憶の再構成 / p96 (0098.jp2)
  27. 4.6 二次条件付けによる長期記憶の再構成 / p98 (0100.jp2)
  28. 4.7 まとめ / p102 (0104.jp2)
  29. 第5章 コウラナメクジ記憶間の相互関係 / p106 (0108.jp2)
  30. 5.1 はじめに / p106 (0108.jp2)
  31. 5.2 記憶間の相互関係と健忘 / p107 (0109.jp2)
  32. 5.3 まとめ / p119 (0121.jp2)
  33. 第6章 結論 / p122 (0124.jp2)
  34. 6.1 本研究の成果 / p122 (0124.jp2)
  35. 6.2 今後の課題と展望 / p124 (0126.jp2)
  36. 謝辞 / p126 (0128.jp2)
  37. 参考文献 / p128 (0130.jp2)
  38. 発表論文 / p136 (0138.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171214
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171488
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335528
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ