現代日本女性の性役割態度に関する社会心理学的研究 : 尺度開発と比較文化的検討を中心にして

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 淳子 スズキ, アツコ

書誌事項

タイトル

現代日本女性の性役割態度に関する社会心理学的研究 : 尺度開発と比較文化的検討を中心にして

著者名

鈴木, 淳子

著者別名

スズキ, アツコ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

乙第7623号

学位授与年月日

1999-01-07

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / 目次1 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序説 / p1 (0010.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0010.jp2)
  4. 1.2 本論文の目的 / p2 (0011.jp2)
  5. 1.3 本論文の意義 / p2 (0011.jp2)
  6. 1.4 本論文における性役割・性役割態度・両性平等の定義 / p4 (0013.jp2)
  7. 1.5 本論文の構成 / p6 (0015.jp2)
  8. 第2章 性役割 / p9 (0018.jp2)
  9. 2.1 性役割の研究動向 / p9 (0018.jp2)
  10. 2.2 性役割概念 / p19 (0028.jp2)
  11. 2.3 性役割形成のメカニズム / p23 (0032.jp2)
  12. 2.4 性役割形成の歴史的プロセス-明治以降の日本- / p30 (0039.jp2)
  13. 第3章 女性役割の変化 / p34 (0043.jp2)
  14. 3.1 家族の変化 / p34 (0043.jp2)
  15. 3.2 教育における変化 / p40 (0049.jp2)
  16. 3.3 就労における変化 / p42 (0051.jp2)
  17. 3.4 就労に関する日米女性の比較 / p45 (0054.jp2)
  18. 3.5 女性の就労継続を阻害する要因 / p50 (0059.jp2)
  19. 第4章 性役割態度の変化 / p57 (0066.jp2)
  20. 4.1 性役割態度 / p57 (0066.jp2)
  21. 4.2 性役割態度の研究動向 / p60 (0069.jp2)
  22. 4.3 性役割態度測定尺度の研究動向 / p61 (0070.jp2)
  23. 4.4 性役割態度と人口統計学的・社会経済的特性との関係 / p63 (0072.jp2)
  24. 4.5 日本人の性役割態度における時系列的変化 / p67 (0076.jp2)
  25. 4.6 アメリカ人の性役割態度における時系列的変化 / p74 (0083.jp2)
  26. 4.7 比較文化研究からみた日本人の性役割態度 / p76 (0085.jp2)
  27. 第5章 平等主義的性役割態度スケール(SESRA)の作成 / p82 (0091.jp2)
  28. 5.1 平等主義的性役割態度スケール日本語版(SESRA-J)の作成(調査I) / p82 (0091.jp2)
  29. 5.2 平等主義的性役割態度スケール日本語版(SESRA-J)による調査(調査IIa) / p88 (0097.jp2)
  30. 5.3 平等主義的性役割態度スケール英語版(SESRA-E)の作成(調査IIIa) / p90 (0099.jp2)
  31. 5.4 平等主義的性役割態度スケール短縮版(SESRA-S)の作成(調査IVa) / p92 (0101.jp2)
  32. 章末付録1 SESRA-J / p99 (0108.jp2)
  33. 章末付録2 SESRA-E / p101 (0110.jp2)
  34. 章末付録3 SESRA-S / p103 (0112.jp2)
  35. 第6章 日米女性の性役割態度比較 / p104 (0113.jp2)
  36. 6.1 調査の概要 / p104 (0113.jp2)
  37. 6.2 性役割態度における平等志向性の日米比較 / p105 (0114.jp2)
  38. 6.3 日米女性の性役割態度における特徴 / p112 (0121.jp2)
  39. 6.4 将来の性役割態度-日米女性の接近- / p113 (0122.jp2)
  40. 第7章 性役割態度とキャリア選択 / p118 (0127.jp2)
  41. 7.1 日本女性の就労に関する研究動向 / p118 (0127.jp2)
  42. 7.2 若年女性の性役割態度とキャリア選択との関係に関する研究(調査V) / p120 (0129.jp2)
  43. 7.3 研究I:キャリア選択の規定要因(縦断的研究) / p121 (0130.jp2)
  44. 7.4 研究II:性役割態度とキャリア選択との関係 / p126 (0135.jp2)
  45. 7.5 研究III:性役割態度を予測する変数 / p131 (0140.jp2)
  46. 第8章 両性の性役割態度比較-就労意識・社会意識との関係- / p138 (0147.jp2)
  47. 8.1 性役割態度と有意な関係のある変数に関する研究(調査IVb) / p138 (0147.jp2)
  48. 8.2 性役割態度と有意な関係のある変数 / p139 (0148.jp2)
  49. 8.3 性役割態度と就労意識・社会意識との関係に関する研究(調査VI) / p142 (0151.jp2)
  50. 8.4 就労意識の両性比較 / p143 (0152.jp2)
  51. 8.5 性役割態度と就労意識との関係 / p147 (0156.jp2)
  52. 8.6 性役割態度と社会意識との関係 / p152 (0161.jp2)
  53. 第9章 結論 / p158 (0167.jp2)
  54. 9.1 各章の要約 / p158 (0167.jp2)
  55. 9.2 総括的結論 / p169 (0178.jp2)
  56. 9.3 今後の課題 / p171 (0180.jp2)
  57. 引用文献 / p172 (0181.jp2)
  58. 参考文献 / p190 (0199.jp2)
  59. 初出一覧 / p197 (0206.jp2)
  60. 付録 / p199 (0208.jp2)
  61. 付録A:日米の男女平等観-性役割と法制度- / p200 (0209.jp2)
  62. 付録B:調査I調査票 / p220 (0229.jp2)
  63. 付録C:調査II調査票 / p225 (0234.jp2)
  64. 付録D:調査III調査票 / p229 (0238.jp2)
  65. 付録E:調査IV調査票 / p234 (0243.jp2)
  66. 付録F:調査V調査票 / p241 (0250.jp2)
  67. 付録G:調査VI調査票 / p253 (0262.jp2)
24アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171219
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171493
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335533
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ