脊髄運動神経変性ラットにおける骨格筋機能低下と神経栄養因子の変動

この論文をさがす

著者

    • 北原, 吉朗 キタハラ, ヨシロウ

書誌事項

タイトル

脊髄運動神経変性ラットにおける骨格筋機能低下と神経栄養因子の変動

著者名

北原, 吉朗

著者別名

キタハラ, ヨシロウ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

乙第7630号

学位授与年月日

1999-01-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第二章 脊髄運動神経変性ラットの確立とその特性について / p5 (0008.jp2)
  4. 第一節 序 / p5 (0008.jp2)
  5. 第二節 材料と方法 / p7 (0010.jp2)
  6. 第三節 結果 / p10 (0013.jp2)
  7. (I)神経変性の組織学的観察 / p10 (0013.jp2)
  8. (II)骨格筋の萎縮とその生理・生化学的特徴 / p11 (0014.jp2)
  9. (III)行動学的観察 / p11 (0014.jp2)
  10. 第四節 考察 / p13 (0016.jp2)
  11. 第五節 要約 / p15 (0018.jp2)
  12. 第三章 骨格筋のエネルギー代謝におよぼす分岐鎖アミノ酸の影響 / p16 (0019.jp2)
  13. 第一節 序 / p16 (0019.jp2)
  14. 第二節 材料と方法 / p18 (0021.jp2)
  15. 第三節 結果 / p21 (0024.jp2)
  16. (I)骨格筋の機能低下におよぼす分岐鎖アミノ酸の影響 / p21 (0024.jp2)
  17. (II)骨格筋のエネルギー代謝におよぼす分岐鎖アミノ酸の影響 / p22 (0025.jp2)
  18. 第四節 考察 / p23 (0026.jp2)
  19. 第五節 要約 / p25 (0028.jp2)
  20. 第四章 神経栄養因子活性に対する分岐鎖アミノ酸の影響 / p26 (0029.jp2)
  21. 第一節 序 / p26 (0029.jp2)
  22. 第二節 材料と方法 / p28 (0031.jp2)
  23. 第三節 結果 / p33 (0036.jp2)
  24. I)骨格筋由来の神経栄養因子活性の変動 / p33 (0036.jp2)
  25. (II)分岐鎖アミノ酸の影響 / p34 (0037.jp2)
  26. (III)神経栄養因子の同定とその阻害活性の特徴 / p34 (0037.jp2)
  27. 第四節 考察 / p36 (0039.jp2)
  28. 第五節 要約 / p39 (0042.jp2)
  29. 第五章 総合考察と今後の展望 / p40 (0043.jp2)
  30. 謝辞 / p44 (0047.jp2)
  31. 引用文献 / p45 (0048.jp2)
  32. 図表 / (0054.jp2)
  33. 参考論文 / p23 (0092.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171226
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171500
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335540
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ