【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ペニオトロンの高性能化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 信之 サトウ, ノブユキ

書誌事項

タイトル

ペニオトロンの高性能化に関する研究

著者名

佐藤, 信之

著者別名

サトウ, ノブユキ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第7638号

学位授与年月日

1999-02-10

注記・抄録

博士論文

論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p4 (0006.jp2)
  3. 2 ペニオトロンの構成 / p10 (0012.jp2)
  4. 2.1 はじめ / p10 (0012.jp2)
  5. 2.2 ペニオトロンの原理と特長 / p10 (0012.jp2)
  6. 2.3 ペニオトロン管の構成 / p12 (0014.jp2)
  7. 2.4 まとめ / p18 (0020.jp2)
  8. 3 ペニオトロンのCAD / p19 (0021.jp2)
  9. 3.1 はじめ / p19 (0021.jp2)
  10. 3.2 設計に用いられる数値計算法 / p20 (0022.jp2)
  11. 3.3 ペニオトロン管の要素設計 / p64 (0066.jp2)
  12. 3.4 まとめ / p100 (0102.jp2)
  13. 4 高調波ペニオトロン / p102 (0104.jp2)
  14. 4.1 はじめ / p102 (0104.jp2)
  15. 4.2 高調波ペニオトロンの特長 / p103 (0105.jp2)
  16. 4.3 マグネトロン形空洞共振器の設計 / p106 (0108.jp2)
  17. 4.4 高調波ペニオトロンの試作と動作実験 / p109 (0111.jp2)
  18. 4.5 まとめ / p112 (0114.jp2)
  19. 5 自己共鳴ペニオトロン / p113 (0115.jp2)
  20. 5.1 はじめ / p113 (0115.jp2)
  21. 5.2 自己共鳴相互作用とペニオトロン動作 / p113 (0115.jp2)
  22. 5.3 υp=cにおける自己共鳴ペニオトロン動作 / p117 (0119.jp2)
  23. 5.4 υp>cにおける自己共鳴ペニオトロン動作 / p119 (0121.jp2)
  24. 5.5 磁場テーパーを用いた自己共鳴ペニオトロン動作 / p122 (0124.jp2)
  25. 5.6 マグネトロン形空洞共振器を用いた自己共鳴ペニオトロン / p126 (0128.jp2)
  26. 5.7 4重極伝送線路を用いたペニオトロン / p130 (0132.jp2)
  27. 5.8 まとめ / p140 (0142.jp2)
  28. 6 永久磁石を用いたペニオトロン / p141 (0143.jp2)
  29. 6.1 はじめ / p141 (0143.jp2)
  30. 6.2 軸方向磁化型永久磁石を用いたペニオトロン用磁場系 / p142 (0144.jp2)
  31. 6.3 軸方向磁化型磁場系を用いたペニオトロンの試作と動作実験 / p154 (0156.jp2)
  32. 6.4 径方向磁化型永久磁石を用いたペニオトロン用磁場系 / p162 (0164.jp2)
  33. 6.5 まとめ / p174 (0176.jp2)
  34. 7 結論 / p177 (0179.jp2)
  35. A 高調波ペニオトロンの試作と動作実験 / p181 (0183.jp2)
  36. A.1 サイクロトロン3次高調波ぺ二オトロン / p184 (0186.jp2)
  37. A.2 サイクロトロン10次高調波ぺ二オトロン / p184 (0186.jp2)
  38. B マグネトロン形空洞共振器を用いた自己共鳴ペニオトロンの試作と動作実験 / p191 (0193.jp2)
  39. 参考文献 / p197 (0199.jp2)
  40. 謝辞 / p199 (0201.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171234
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171508
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000335548
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ