民事裁判心理学序説

この論文をさがす

著者

    • 菅原, 郁夫 スガワラ, イクオ

書誌事項

タイトル

民事裁判心理学序説

著者名

菅原, 郁夫

著者別名

スガワラ, イクオ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(法学)

学位授与番号

乙第7647号

学位授与年月日

1999-02-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p7 (0005.jp2)
  2. はしがき / p3 (0003.jp2)
  3. 序論 民事訴訟と心理学 / p1 (0007.jp2)
  4. 1 はじめに / p1 (0007.jp2)
  5. 2 法律学と心理学の接触 / p2 (0008.jp2)
  6. 3 民事訴訟と裁判心理学-裁判心理学の領域 / p9 (0011.jp2)
  7. 4 むすび / p15 (0014.jp2)
  8. 第1章 紛争解決過程における手続の選択 / p17 (0015.jp2)
  9. 1 はじめに / p17 (0015.jp2)
  10. 2 紛争解決手続の選択に関する議論 / p17 (0015.jp2)
  11. 3 実験-日本人の手続選択 / p21 (0017.jp2)
  12. 4 紛争解決における公正な手続の意義 / p33 (0023.jp2)
  13. 5 むすび / p41 (0027.jp2)
  14. 第2章 紛争解決と手続環境-弁論兼和解の心理学的考察 / p43 (0028.jp2)
  15. 1 はじめに / p43 (0028.jp2)
  16. 2 弁論環境としての弁論兼和解 / p44 (0029.jp2)
  17. 3 心理学的視点から見たメリット / p50 (0032.jp2)
  18. 4 心理学的視点から見たデメリット / p53 (0033.jp2)
  19. 5 弁論兼和解に対する心理学的視点からの若干の提言 / p58 (0036.jp2)
  20. 6 むすび / p61 (0037.jp2)
  21. 第3章 証人尋問の心理-その1[証人の心理] / p63 (0038.jp2)
  22. 1 はじめに / p63 (0038.jp2)
  23. 2 証人の証言行為に関する検討 / p67 (0040.jp2)
  24. 3 証人心理のメカニズムから見た尋問制度の機能 / p91 (0052.jp2)
  25. 第4章 証人尋問の心理-その2[裁判官の心理] / p111 (0062.jp2)
  26. 1 裁判官の判断作用に関する検討 / p111 (0062.jp2)
  27. 2 判断者心理のメカニズムから見た尋問制度の機能 / p130 (0072.jp2)
  28. 第5章 証人尋問の心理-その3[当事者の心理・今後の展望] / p155 (0084.jp2)
  29. 1 当事者心理のメカニズム / p155 (0084.jp2)
  30. 2 当事者心理のメカニズムからみた尋問制度の機能 / p166 (0090.jp2)
  31. 3 証人尋問制度の心理学的考察の今後の展望 / p177 (0095.jp2)
  32. 4 むすび / p194 (0104.jp2)
  33. 第6章 事実認定過程における手続関与の心理分析-証人尋問制度の心理学的考察補論 / p197 (0105.jp2)
  34. 1 本章の目的 / p197 (0105.jp2)
  35. 2 事実認定過程における手続関与の心理過程に関する諸研究 / p201 (0107.jp2)
  36. 3 証人尋問における手続関与の意義 / p225 (0119.jp2)
  37. 4 わが国の証人尋問制度への示唆 / p246 (0130.jp2)
  38. 5 むすび / p259 (0136.jp2)
  39. 第7章 手続構造上の紛争解決促進要素の研究に向けての試論-シカゴにおける実態調査の紹介を中心にして / p261 (0137.jp2)
  40. 1 本章の目的 / p261 (0137.jp2)
  41. 2 シカゴ調査の概要 / p265 (0139.jp2)
  42. 3 紛争解決促進要素の抽出 / p282 (0148.jp2)
  43. 4 今後の考察の方向性 / p294 (0154.jp2)
  44. 5 むすび / p299 (0156.jp2)
  45. 第8章 紛争解決とその後の義務の履行-アメリカにおける実証研究の紹介を中心にして / p303 (0158.jp2)
  46. 1 はじめに-本章の目的 / p303 (0158.jp2)
  47. 2 アメリカにおけるいくつかの実証研究 / p305 (0159.jp2)
  48. 3 紛争解決手続後の義務履行をもたらすいくつかの要素 / p315 (0164.jp2)
  49. 4 おわりに-わが国の紛争解決制度への示唆 / p320 (0167.jp2)
  50. 第9章 手続工学としての裁判心理学 / p323 (0168.jp2)
  51. 1 はじめに / p323 (0168.jp2)
  52. 2 1990年司法改革法による実験的プログラムの開始とランド・レポートの作成 / p324 (0169.jp2)
  53. 3 アメリカにおけるADRに関する実証的研究 / p333 (0173.jp2)
  54. 4 手続工学(procedural engineering)としての裁判心理学 / p337 (0175.jp2)
  55. 5 むすび / p341 (0177.jp2)
  56. 付録 民事訴訟における証人尋問の再生をめざして / p343 (0178.jp2)
  57. 1 はじめに / p343 (0178.jp2)
  58. 2 信憑性低下の原因の解明-証人の心理的側面からのアプローチ / p343 (0178.jp2)
  59. 3 尋問の長期化の原因 / p344 (0179.jp2)
  60. 4 当事者主導の尋問制度と裁判官主導の尋問制度 / p346 (0180.jp2)
  61. 5 今後のわが国の制度への提言 / p348 (0181.jp2)
  62. 初出一覧・索引 / p351 (0182.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171243
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171517
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335557
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ