大腸菌における新規リジンデカルボキシラーゼの発見及びその分子生物学的解析

この論文をさがす

著者

    • 菊池, 慶実 キクチ, ヨシミ

書誌事項

タイトル

大腸菌における新規リジンデカルボキシラーゼの発見及びその分子生物学的解析

著者名

菊池, 慶実

著者別名

キクチ, ヨシミ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

乙第7707号

学位授与年月日

1999-03-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 フィードバック阻害解除型アスパルトキナーゼIIIの遺伝子取得 / p9 (0014.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p9 (0014.jp2)
  5. 第2節 実験方法 / p13 (0018.jp2)
  6. 1-2-1 実験に用いた菌株、プラスミド / p13 (0018.jp2)
  7. 1-2-2 クローニング / p13 (0018.jp2)
  8. 1-2-3 ヒドロキシルアミン処理 / p13 (0018.jp2)
  9. 1-2-4 選択培地及び塩基配列の決定 / p15 (0020.jp2)
  10. 1-2-5 アスパルトキナーゼIIIの活性測定 / p15 (0020.jp2)
  11. 1-2-6 フラスコを用いたリジン生産培養 / p15 (0020.jp2)
  12. 第3節 実験結果 / p17 (0022.jp2)
  13. 1-3-1 アスパルトキナーゼIII遺伝子のクローニング / p17 (0022.jp2)
  14. 1-3-2 ヒドロキシルアミンによるpMCWの変異処理 / p17 (0022.jp2)
  15. 1-3-3 阻害解除型アスパルトキナーゼIII遺伝子の取得 / p17 (0022.jp2)
  16. 1-3-4 阻害解除型アスパルトキナーゼIII遺伝子の塩基配列の決定 / p19 (0024.jp2)
  17. 1-3-5 アスパルトキナーゼIII活性のリジンによる阻害 / p21 (0026.jp2)
  18. 1-3-6 阻害解除型アスパルトキナーゼIII遺伝子のリジン生成能 / p21 (0026.jp2)
  19. 第4節 考察 / p25 (0030.jp2)
  20. 第5節 要約 / p30 (0035.jp2)
  21. 第2章 リジン生産菌の宿主抹の育種 / p31 (0036.jp2)
  22. 第1節 緒言 / p31 (0036.jp2)
  23. 第2節 実験方法 / p33 (0038.jp2)
  24. 2-2-1 実験に使用した菌株、及びプラスミド / p33 (0038.jp2)
  25. 2-2-2 N-メチル-N'-ニトロ-N-ニトロングアニジン処理 / p33 (0038.jp2)
  26. 2-2-3 試験管及びフラスコを用いたリジン生産培養 / p35 (0040.jp2)
  27. 2-2-4 ジャーファーメンターを用いたリジン生産培養 / p35 (0040.jp2)
  28. 第3節 実験結果 / p37 (0042.jp2)
  29. 2-3-1 S-アミノエチルシステイン耐性株の取得 / p37 (0042.jp2)
  30. 2-3-2 リジンを生成する株のスクリーニング / p37 (0042.jp2)
  31. 2-3-3 pCAB6を有するWC196Cのジャーファーメンターを用いた培養 / p40 (0045.jp2)
  32. 第4節 考察 / p44 (0049.jp2)
  33. 第5節 要約 / p48 (0053.jp2)
  34. 第3章 新規リジンデカルボキシラーゼの発見及びその分子生物学的解析 / p49 (0054.jp2)
  35. 第1節 緒言 / p49 (0054.jp2)
  36. 第2節 実験方法 / p51 (0056.jp2)
  37. 3-2-1 実験に使用した菌株、ファージ、及びプラスミド / p51 (0056.jp2)
  38. 3-2-2 サザンブロットハイブリダイゼーション / p51 (0056.jp2)
  39. 3-2-3 塩基配列の決定 / p51 (0056.jp2)
  40. 3-2-4 温度感受性プラスミドを利用したcadA欠損株の造成 / p53 (0058.jp2)
  41. 3-2-5 温度感受性プラスミドを利用したldc欠損株の造成 / p53 (0058.jp2)
  42. 3-2-6 trcプロモーターを利用したldc高発現プラスミドの構築 / p54 (0059.jp2)
  43. 3-2-7 Ldc及びCadAの精製 / p54 (0059.jp2)
  44. 3-2-8 リジンデカルボキシラーゼの活性測定 / p55 (0060.jp2)
  45. 3-2-9 LdcとCadAのアミノ酸配列の決定 / p56 (0061.jp2)
  46. 3-2-10 ウエスタンブロット / p56 (0061.jp2)
  47. 3-2-11 β-ガラクトシダーゼの活性測定 / p57 (0062.jp2)
  48. 第3節 実験結果 / p58 (0063.jp2)
  49. 3-3-1 cadAをプローブとしたサザンブロットハイブリダイゼーション / p58 (0063.jp2)
  50. 3-3-2 cadAに相同性を有する配列の染色体上でのマッピング / p58 (0063.jp2)
  51. 3-3-3 cadAに相同性を有する配列の塩基配列の決定 / p60 (0065.jp2)
  52. 3-3-4 cadA及びldcの欠損株の収得 / p64 (0069.jp2)
  53. 3-3-5 Ldcの高発現、精製、そして特性解析 / p66 (0071.jp2)
  54. 3-3-6 各菌株におけるリジンデカルボキシラーゼ活性 / p70 (0075.jp2)
  55. 3-3-7 抗Ldc抗体を用いたウエスタンブロットによるldcの発現解析 / p74 (0079.jp2)
  56. 3-3-8 β-ガラクトシダーゼの融合遺伝子を用いたldcの発現解析 / p76 (0081.jp2)
  57. 3-3-9 rpoS欠損株におけるLdcの活性測定 / p78 (0083.jp2)
  58. 3-3-10 ldcのプロモーター領域の同定 / p78 (0083.jp2)
  59. 3-3-11 WC196におけるldcの発現解析 / p82 (0087.jp2)
  60. 第4節 考察 / p84 (0089.jp2)
  61. 第5節 要約 / p90 (0095.jp2)
  62. 第4章 リジン生産菌の宿主株の改良 / p91 (0096.jp2)
  63. 第1節 緒言 / p91 (0096.jp2)
  64. 第2節 実験方法 / p92 (0097.jp2)
  65. 4-2-1 実験に使用した菌株、及びプラスミド / p92 (0097.jp2)
  66. 4-2-2 休止細胞菌体を用いたリジン分解活性の測定 / p92 (0097.jp2)
  67. 4-2-3 試験管及びフラスコを用いたリジン生産培養 / p92 (0097.jp2)
  68. 4-2-4 ジャーファーメンターを用いたリジン生産培養 / p94 (0099.jp2)
  69. 第3節 実験結果 / p95 (0100.jp2)
  70. 4-3-1 各菌株におけるリジン分解活性 / p95 (0100.jp2)
  71. 4-3-2 各菌株におけるリジン及びカダベリンの生成 / p95 (0100.jp2)
  72. 4-3-3 pCAB6を有するWYK050のジャーファーメンターを用いた培養 / p98 (0103.jp2)
  73. 第4節 考察 / p100 (0105.jp2)
  74. 第5節 要約 / p101 (0106.jp2)
  75. 結論 / p102 (0107.jp2)
  76. 文献 / p103 (0108.jp2)
  77. 謝辞 / p110 (0115.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171303
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171577
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335617
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ