【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

HIV感染細胞に選択的に作用するHIVプロテアーゼ阻害剤の合成研究

この論文をさがす

著者

    • 朝烏, 章 アサガラス, アキラ

書誌事項

タイトル

HIV感染細胞に選択的に作用するHIVプロテアーゼ阻害剤の合成研究

著者名

朝烏, 章

著者別名

アサガラス, アキラ

学位授与大学

静岡県立大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第55号

学位授与年月日

1998-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 GP120との接着部位を持つトリペプチドタイプHIVプロテアーゼ阻害剤の合成研究 / p6 (0007.jp2)
  4. 第1節 KNI-102を基本骨格としたHIVプロテアーゼ阻害剤とその誘導体の合成 / p11 (0009.jp2)
  5. 第2節 HIVプロテアーゼ阻害活性及び抗HIV活性 / p14 (0011.jp2)
  6. 第3節 分子内にCPFを有するHIVプロテアーゼ阻害剤の合成 / p16 (0012.jp2)
  7. 第4節 CPFを有するHIVプロテアーゼ阻害剤の酵素阻害活性及び抗HIV活性 / p21 (0014.jp2)
  8. 第2章 GP120との接着部位を持つ、ジペプチドタイプHIVプロテアーゼ阻害剤の合成研究 / p23 (0015.jp2)
  9. 第1節 ジペプチドタイプHIVプロテアーゼ阻害剤及び、その誘導体の合成 / p24 (0016.jp2)
  10. 第2節 HIVプロテアーゼ阻害活性 / p30 (0019.jp2)
  11. 第3節 GP120への接着部位としてのCPFを分子内に持つ、ジペプチドタイププロテアーゼ阻害剤の合成 / p32 (0020.jp2)
  12. 第4節 GP120への接着部位を持つジペプチドタイプ阻害剤のHIVプロテアーゼ阻害活性 / p37 (0022.jp2)
  13. 第3章 GP160プロセッシング酵素阻害剤の合成研究 / p39 (0023.jp2)
  14. 第1節 GP160プロセッシング酵素阻害剤のデザインと合成 / p40 (0024.jp2)
  15. 第2節 GP160プロセッシング酵素阻害活性 / p45 (0026.jp2)
  16. 結論 / p47 (0027.jp2)
  17. 謝辞 / p50 (0029.jp2)
  18. 実験の部 / p51 (0029.jp2)
  19. 参考文献 / p92 (0050.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171311
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171585
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335625
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ