抗喘息薬としてのATP感受性K[+]チャネル開口薬の薬理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 斎藤, 親 サイトウ, チカシ

書誌事項

タイトル

抗喘息薬としてのATP感受性K[+]チャネル開口薬の薬理学的研究

著者名

斎藤, 親

著者別名

サイトウ, チカシ

学位授与大学

静岡県立大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第77号

学位授与年月日

1999-01-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. [目次] / p1 (0003.jp2)
  2. 略語表 / p4 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p5 (0005.jp2)
  4. 第1節 本研究の背景 / p5 (0005.jp2)
  5. 1.1.K+チャネル開口薬 / p5 (0005.jp2)
  6. 1.2.気管支喘息 / p10 (0008.jp2)
  7. 第2節 本研究の目的 / p12 (0009.jp2)
  8. 第2章 実験的喘息モデルに対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p14 (0010.jp2)
  9. 第1節 緒言 / p14 (0010.jp2)
  10. 第2節 方法 / p15 (0010.jp2)
  11. 2.1.使用動物 / p15 (0010.jp2)
  12. 2.2.抗牛血清アルブミン(BSA)受動感作アナフィラキシー喘息モデル / p15 (0010.jp2)
  13. 2.3.卵白アルブミン(OA)能動感作アナフィラキシー喘息モデル / p15 (0010.jp2)
  14. 2.4.Histamine誘発喘息モデル / p16 (0011.jp2)
  15. 2.5.Methacholine誘発喘息モデル / p16 (0011.jp2)
  16. 2.6.使用薬物 / p16 (0011.jp2)
  17. 2.7.評価方法および統計処理 / p17 (0011.jp2)
  18. 第3節 結果 / p17 (0011.jp2)
  19. 3.1.抗BSA血清受動感作アナフィラキシー喘息モデルに対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p17 (0011.jp2)
  20. 3.2.OA能動感作アナフィラキシー喘息モデルに対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p20 (0013.jp2)
  21. 3.3.Histamine誘発喘息モデルに対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p22 (0014.jp2)
  22. 3.4.Methacholine誘発喘息モデルに対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p23 (0014.jp2)
  23. 第4節 考察 / p24 (0015.jp2)
  24. 第3章 非アドレナリン非コリン神経伝達におけるATP感受性K+チャネルの役割 / p27 (0016.jp2)
  25. 第1節 緒言 / p27 (0016.jp2)
  26. 第2節 方法 / p29 (0017.jp2)
  27. 2.1.使用動物 / p29 (0017.jp2)
  28. 2.2.迷走神経刺激による非アドレナリン非コリン性気道収縮 / p29 (0017.jp2)
  29. 2.3.外因性neuropeptideによる気道収縮 / p29 (0017.jp2)
  30. 2.4.使用薬物 / p30 (0018.jp2)
  31. 2.5.評価方法および統計処理 / p30 (0018.jp2)
  32. 第3節 結果 / p30 (0018.jp2)
  33. 3.1.迷走神経刺激誘発気道収縮に対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p30 (0018.jp2)
  34. 3.2.Neuropeptide誘発気道収縮に対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p32 (0019.jp2)
  35. 第4節 考察 / p33 (0019.jp2)
  36. 第4章 気道過敏性に対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p35 (0020.jp2)
  37. 第1節 緒言 / p35 (0020.jp2)
  38. 第2節 方法 / p36 (0021.jp2)
  39. 2.1.使用動物 / p36 (0021.jp2)
  40. 2.2.PAF誘発気道過敏性モデル / p36 (0021.jp2)
  41. 2.3.Capsaicin前処置によるneuropeptides枯渇モデル / p36 (0021.jp2)
  42. 2.4.Phosphoramidon前処置によるneuropeptides分解抑制モデル / p37 (0021.jp2)
  43. 2.5.使用薬物 / p37 (0021.jp2)
  44. 2.6.評価方法および統計処理 / p38 (0022.jp2)
  45. 第3節 結果 / p38 (0022.jp2)
  46. 3.1.Provocation doseを利用した気道反応性評価系の作製 / p38 (0022.jp2)
  47. 3.2.PAF誘発気道過敏性に対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p39 (0022.jp2)
  48. 3.3.正常動物および過敏性動物におけるATP感受性K+チャネル開口薬の作用の比較 / p41 (0023.jp2)
  49. 3.4.PAF誘発気道過敏性におけるneuropeptidesの役割 / p42 (0024.jp2)
  50. 第4節 考察 / p43 (0024.jp2)
  51. 第5章 循環動態に対するATP感受性K+チャネル開口薬の作用 / p46 (0026.jp2)
  52. 第1節 緒言 / p46 (0026.jp2)
  53. 第2節 方法 / p46 (0026.jp2)
  54. 2.1.使用動物 / p46 (0026.jp2)
  55. 2.2.モルモットにおける循環動態の測定 / p46 (0026.jp2)
  56. 2.3.使用薬物 / p47 (0026.jp2)
  57. 2.4.統計処理 / p47 (0026.jp2)
  58. 第3節 結果 / p47 (0026.jp2)
  59. 3.1..ATP感受性K+チャネル開口薬の対処救急作用発現時の循環器作用 / p47 (0026.jp2)
  60. 3.2..ATP感受性K+チャネル開口薬の発作予防作用発現時の循環器作用 / p47 (0026.jp2)
  61. 第4節 考察 / p49 (0027.jp2)
  62. 第6章 総括 / p51 (0028.jp2)
  63. 謝辞 / p53 (0029.jp2)
  64. 参考文献 / p54 (0030.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171334
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171608
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335648
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ