【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

シミュレータを用いた大型高速船の安全運航

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 泰義 イトウ, ヤスヨシ

書誌事項

タイトル

シミュレータを用いた大型高速船の安全運航

著者名

伊藤, 泰義

著者別名

イトウ, ヤスヨシ

学位授与大学

近畿大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第500号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. -目次- / p1 (0003.jp2)
  2. 1.序論 / p4 (0006.jp2)
  3. 1.1 物流の現状と内航海運 / p5 (0007.jp2)
  4. 1.2 知能化された近代化船の概念 / p11 (0013.jp2)
  5. 1.3 TSLの運航の安全性について / p14 (0016.jp2)
  6. 2.シミュレータとマンマシン系の安全確保について / p33 (0034.jp2)
  7. 2.1 シミュレータによる安全性評価法 / p33 (0034.jp2)
  8. 2.2 実験に用いたシミュレータの概要 / p35 (0036.jp2)
  9. 2.3 マン・マシン系における安全性の確保の考え方⁵⁵⁾‧⁵⁶⁾ / p38 (0039.jp2)
  10. 3.シミュレータを用いた長時間運航の安全性評価について / p44 (0045.jp2)
  11. 3.1 はじめに / p44 (0045.jp2)
  12. 3.2 長時間航行の安全出席価法 / p44 (0045.jp2)
  13. 3.3 長時間高速航行安全評価 / p46 (0047.jp2)
  14. 3.4 内航タンカー近代化船の長時間航行の安全確保支援 / p53 (0054.jp2)
  15. 3.5 結論 / p65 (0066.jp2)
  16. 4.高速船と一般船の見合い実験 / p76 (0077.jp2)
  17. 4.1 はじめに / p76 (0077.jp2)
  18. 4.2 航行方法のモデル化のための基本的考え / p76 (0077.jp2)
  19. 4.3 シミュレータ実験 / p78 (0079.jp2)
  20. 4.4 実船実験 / p81 (0082.jp2)
  21. 4.5 TSL飛翔の避航動作に対する一般船からの視認実験 / p83 (0084.jp2)
  22. 4.6 結論 / p84 (0085.jp2)
  23. 5.輻輳海域における高速船の安全な航行方法 / p105 (0107.jp2)
  24. 5.1 はじめに / p105 (0107.jp2)
  25. 5.2 主観的な実験結果の客観化 / p105 (0107.jp2)
  26. 5.3 高速船が与える危険感 / p106 (0108.jp2)
  27. 5.4 実験結果の考察 / p111 (0113.jp2)
  28. 5.5 高速船の安全な航行方法について / p117 (0119.jp2)
  29. 6.総括的結論と今後の問題 / p123 (0125.jp2)
  30. 6.1 総括的結論 / p123 (0125.jp2)
  31. 6.2 今後の問題 / p124 (0126.jp2)
  32. 参考文献 / p131 (0133.jp2)
  33. 付録 / p136 (0138.jp2)
  34. 謝辞 / (0150.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171386
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171660
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335700
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ