濡れ現象のコンピュータ解析

この論文をさがす

著者

    • 尾又, 一実 オマタ, カズミ

書誌事項

タイトル

濡れ現象のコンピュータ解析

著者名

尾又, 一実

著者別名

オマタ, カズミ

学位授与大学

慶応義塾大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第1722号

学位授与年月日

1999-03-04

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0008.jp2)
  3. 序章 / p4 (0011.jp2)
  4. §1 濡れ現象とは / p4 (0011.jp2)
  5. §2 本研究の位置付けと論文の構成 / p6 (0013.jp2)
  6. 第1部 プリウェッティングとその超臨界相 / p8 (0015.jp2)
  7. 第1章 過去の研究の概観 / p8 (0015.jp2)
  8. §3 濡れ転移とプリウェッティング / p8 (0015.jp2)
  9. §4 Cahnの予測 / p9 (0016.jp2)
  10. §5 実験研究の概観 / p12 (0019.jp2)
  11. §6 理論研究の概観 / p14 (0021.jp2)
  12. 第2章 第1部の研究目的 / p17 (0024.jp2)
  13. §7 水銀―サファイア系の実験で観測された光の反射率の異常 / p17 (0024.jp2)
  14. §8 シミュレーションによる研究で期待されること / p19 (0026.jp2)
  15. 第3章 シミュレーションのモデルと方法 / p21 (0028.jp2)
  16. §9 モデル / p21 (0028.jp2)
  17. §10 等温等圧モンテカルロ法 / p22 (0029.jp2)
  18. 第4章 プリウェッティング / p24 (0031.jp2)
  19. §11 等温吸着曲線とプリウェッティングの相図 / p24 (0031.jp2)
  20. 第5章 プリウェッティング超臨界相 / p28 (0035.jp2)
  21. §12 圧縮率、密度揺らぎと静的構造因子 / p28 (0035.jp2)
  22. §13 シミュレーションの結果の解析 / p29 (0036.jp2)
  23. §14 密度揺らぎと相関長 / p35 (0042.jp2)
  24. 第6章 第1部のまとめ / p41 (0048.jp2)
  25. §15 本研究で明らかにされたこと / p41 (0048.jp2)
  26. 第2部 接触線のフィンガー不安定性 / p45 (0052.jp2)
  27. 第1章 過去の研究の概観と第2部の目的 / p45 (0052.jp2)
  28. §16 濡れ現象の巨視的な側面と接触線のフィンガー不安定性 / p45 (0052.jp2)
  29. §17 潤滑近似 / p46 (0053.jp2)
  30. §18 フィンガーの波長 / p47 (0054.jp2)
  31. §19 フィンガーの二段階成長 / p49 (0056.jp2)
  32. §20 第2部の目的 / p50 (0057.jp2)
  33. 第2章 潤滑方程式の数値解析 / p52 (0059.jp2)
  34. §21 数値解析の特徴と利点 / p52 (0059.jp2)
  35. §22 モデルと方法 / p52 (0059.jp2)
  36. 第3章 シミュレーションの結果 / p56 (0063.jp2)
  37. §23 フィンガーの形状 / p56 (0063.jp2)
  38. §24 フィンガーの波長 / p58 (0065.jp2)
  39. §25 フィンガーの成長 / p61 (0068.jp2)
  40. §26 フィンガー近傍の特徴的な流れ / p66 (0073.jp2)
  41. 第4章 第2部のまとめ / p68 (0075.jp2)
  42. §27 本研究で明らかにされたこと / p68 (0075.jp2)
  43. 終章 / p71 (0078.jp2)
  44. §28 結び / p71 (0078.jp2)
  45. 付録 / p73 (0080.jp2)
  46. A.Cahnのモデル / p73 (0080.jp2)
  47. B.EbnerとSaamのモデル / p74 (0081.jp2)
  48. C.Sullivanのモデル / p75 (0082.jp2)
  49. D.シャープ・キンク近似 / p76 (0083.jp2)
  50. E.潤滑近似 / p77 (0084.jp2)
  51. F.自己相似解 / p79 (0086.jp2)
  52. G.Troianらの線形安定性の解析 / p80 (0087.jp2)
  53. 謝辞 / p82 (0089.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171449
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171723
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335763
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ