アメリカ大学史とジェンダー : 19世紀後半のマサチューセッツ州における高等教育の事例を中心とした歴史的研究

この論文をさがす

著者

    • 坂本, 辰朗 サカモト, タツロウ

書誌事項

タイトル

アメリカ大学史とジェンダー : 19世紀後半のマサチューセッツ州における高等教育の事例を中心とした歴史的研究

著者名

坂本, 辰朗

著者別名

サカモト, タツロウ

学位授与大学

慶応義塾大学

取得学位

博士(教育学)

学位授与番号

乙第3220号

学位授与年月日

1998-10-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0004.jp2)
  3. 凡例 / p5 (0008.jp2)
  4. 緒言 / p6 (0009.jp2)
  5. 第1章 本研究の構想と基本的視座 / p1 (0012.jp2)
  6. 1.問題の所在 / p1 (0012.jp2)
  7. 2.本研究の課題 / p2 (0013.jp2)
  8. 3.先行研究の検討(1)-本研究の着想に関わる先行研究 / p3 (0014.jp2)
  9. 4.先行研究の検討(2)-本研究に関連する女性高等教育史の概観 / p14 (0025.jp2)
  10. 5.本研究の構成 / p37 (0048.jp2)
  11. 6.本研究で用いる研究方法 / p40 (0051.jp2)
  12. 第2章 19世紀後半のマサチューセッツ州における女性運動と女性の高等教育 / p42 (0053.jp2)
  13. 1.本章の課題 / p42 (0053.jp2)
  14. 2.「協会」設立以前のマサチューセッツ州の女性運動 / p48 (0059.jp2)
  15. 3.制度変革への挑戦とその敗北 / p50 (0061.jp2)
  16. 4.「協会」の日常的活動 / p54 (0065.jp2)
  17. 5.「協会」の知的遺産の評価の必要性 / p65 (0076.jp2)
  18. 第3章 ボストン・ラテン・スクール論争再考-19世紀後半のボストンにおけるジェンダーと教育 / p68 (0079.jp2)
  19. 1.本章の課題 / p68 (0079.jp2)
  20. 2.論争への準備-「協会」における討論 / p74 (0085.jp2)
  21. 3.ハイスクール委員会への請願 / p77 (0088.jp2)
  22. 4.第1回公聴会-共学化賛成陣営の証言 / p79 (0090.jp2)
  23. 5.第2回公聴会-共学化反対陣営の証言 / p86 (0097.jp2)
  24. 6.公聴会の反響-二つの社説 / p91 (0102.jp2)
  25. 7.第3回公聴会-ラテン・スクール同窓会の反論 / p95 (0106.jp2)
  26. 8.新たな請願の提出 / p101 (0113.jp2)
  27. 9.市民の反応 / p103 (0115.jp2)
  28. 10.第4回公聴会-スペンサーとクラークの影 / p110 (0122.jp2)
  29. 11.エドワード・クラークと『教育における性』 / p114 (0126.jp2)
  30. 12.第5回公聴会 / p123 (0135.jp2)
  31. 13.教育におけるジェンダーの問題 / p134 (0146.jp2)
  32. 第4章 ボストン大学における男女共学制のケース・スタディ-ジェンダーの視点から見たリベラル・アーツの問題 / p139 (0151.jp2)
  33. 1.問題の所在と本章の課題 / p139 (0151.jp2)
  34. 2.19世紀後半の女性の大学教育とボストン大学創立の意義 / p142 (0154.jp2)
  35. 3.ボストン大学における男女共学制 / p150 (0162.jp2)
  36. 4.大学教育とジェンダー / p162 (0174.jp2)
  37. 5.おわりに-結論と本研究から得られた示唆 / p181 (0193.jp2)
  38. 第5章 女性の大学卒第一世代と新たな高等教育拡大運動 / p185 (0197.jp2)
  39. 1.本章の課題 / p185 (0197.jp2)
  40. 2.タルボット夫妻とマリアン / p188 (0200.jp2)
  41. 3.「現代の一問題」-リベラル・アーツと女性 / p192 (0204.jp2)
  42. 4.大学卒業後-次に何を? / p195 (0207.jp2)
  43. 5.母たちの運動への関与 / p196 (0208.jp2)
  44. 6.新たな女性の高等教育拡大運動への関与 / p203 (0215.jp2)
  45. 7.リベラル・アーツの学習と女性の義務 / p210 (0222.jp2)
  46. 8.二つの組織の架橋から新天地を目指して / p217 (0229.jp2)
  47. 9.おわりに-女性の大学卒第一世代と新たな高等教育拡大運動 / p219 (0231.jp2)
  48. 終章 結論と今後の研究課題 / p225 (0237.jp2)
  49. 初出一覧 / p230 (0242.jp2)
  50. 主要参考文献一覧 / p232 (0244.jp2)
  51. あとがき / p264 (0276.jp2)
  52. アメリカ合衆国高等教育におけるジェンダーの問題 / (0281.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171476
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171750
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335790
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ