マツ属植物のDNA分類・系統学的研究

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 敦史 ワタナベ, アツシ

書誌事項

タイトル

マツ属植物のDNA分類・系統学的研究

著者名

渡辺, 敦史

著者別名

ワタナベ, アツシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

甲第4572号

学位授与年月日

1999-03-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 アカマツ、クロマツおよびアカクロマツに関するDNA分類学的研究 / p6 (0011.jp2)
  4. 第1節 序 / p6 (0011.jp2)
  5. 第2節 PCR-RFLPs法を用いたアカマツとクロマツの葉緑体ゲノム型の識別 / p8 (0013.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p8 (0013.jp2)
  7. 2.2 材料と方法 / p8 (0013.jp2)
  8. 2.3 結果 / p13 (0018.jp2)
  9. 2.4 考察 / p20 (0025.jp2)
  10. 第3節 PCR-SSCP法を用いたアカマツとクロマツの葉緑体ゲノム型の簡便識別法 / p23 (0028.jp2)
  11. 3.1 はじめに / p23 (0028.jp2)
  12. 3.2 材料と方法 / p23 (0028.jp2)
  13. 3.3 結果 / p24 (0029.jp2)
  14. 3.4 考察 / p27 (0032.jp2)
  15. 第4節 アカクロマツの雑種性の検証と分類学上の位置づけ / p29 (0034.jp2)
  16. 4.1 はじめに / p29 (0034.jp2)
  17. 4.2 材料と方法 / p29 (0034.jp2)
  18. 4.3 結果 / p33 (0038.jp2)
  19. 4.4 考察 / p39 (0044.jp2)
  20. 第5節 小括 / p47 (0052.jp2)
  21. 第3章 DNA情報に基づくマツ属分類体系の構築と系統進化の解明 / p49 (0054.jp2)
  22. 第1節 序 / p49 (0054.jp2)
  23. 第2節 葉緑体DNA塩基配列情報に基づくマツ属の新分類体系の構築 / p51 (0056.jp2)
  24. 2.1 はじめに / p51 (0056.jp2)
  25. 2.2 材料と方法 / p53 (0058.jp2)
  26. 2.3 結果 / p56 (0061.jp2)
  27. 2.4 考察 / p63 (0068.jp2)
  28. 第3節 Section Pinusxにおける葉緑体DNA遺伝子間スペーサー領域(trnL-trnT)のタンデムリピート多型の解析 / p82 (0087.jp2)
  29. 3.1 はじめに / p82 (0087.jp2)
  30. 3.2 材料と方法 / p83 (0088.jp2)
  31. 3.3 結果 / p87 (0092.jp2)
  32. 3.4 考察 / p95 (0100.jp2)
  33. 第4節 Subsection Contortaeの系統進化の解明 / p100 (0105.jp2)
  34. 4.1 はじめに / p100 (0105.jp2)
  35. 4.2 材料と方法 / p102 (0107.jp2)
  36. 4.3 結果 / p106 (0111.jp2)
  37. 4.4 考察 / p113 (0118.jp2)
  38. 第5節 Subsection Ponderosaeの系統進化の解明 / p123 (0128.jp2)
  39. 5.1 はじめに / p123 (0128.jp2)
  40. 5.2 材料と方法 / p125 (0130.jp2)
  41. 5.3 結果 / p126 (0131.jp2)
  42. 5.4 考察 / p134 (0139.jp2)
  43. 第6節 Subsection Attenuataeの系統進化の解明 / p141 (0146.jp2)
  44. 6.1 はじめに / p141 (0146.jp2)
  45. 6.2 材料と方法 / p142 (0147.jp2)
  46. 6.3 結果 / p144 (0149.jp2)
  47. 6.4 考察 / p150 (0155.jp2)
  48. 第7節 Subsection Oocarpaeの系統進化の解明 / p154 (0159.jp2)
  49. 7.1 はじめに / p154 (0159.jp2)
  50. 7.2 材料と方法 / p155 (0160.jp2)
  51. 7.3 結果 / p157 (0162.jp2)
  52. 7.4 考察 / p162 (0167.jp2)
  53. 第8節 小括 / p167 (0172.jp2)
  54. 第4章 結論 / p169 (0174.jp2)
  55. 謝辞 / p172 (0177.jp2)
  56. 参考文献 / p173 (0178.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171548
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171822
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335862
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ