米国における会計規則制論の再検討

この論文をさがす

著者

    • 大石, 桂一 オオイシ, ケイイチ

書誌事項

タイトル

米国における会計規則制論の再検討

著者名

大石, 桂一

著者別名

オオイシ, ケイイチ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(経済学)

学位授与番号

甲第4588号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 会計規制研究の重要性 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.研究の目的 / p1 (0006.jp2)
  4. 2.定義 / p4 (0008.jp2)
  5. 3.本論文の課題 / p5 (0008.jp2)
  6. 第1章 会計政策の概念 / p10 (0011.jp2)
  7. 1.はじめに / p10 (0011.jp2)
  8. 2.会計政策の概念の変化 / p11 (0011.jp2)
  9. 3.経済的帰結 / p17 (0014.jp2)
  10. 4.おわりに / p20 (0016.jp2)
  11. 第2章 経済規制の理論と会計規制観の変化 / p23 (0017.jp2)
  12. 1.はじめに / p23 (0017.jp2)
  13. 2.経済規制の理論 / p23 (0017.jp2)
  14. 3.会計規制観の変化 / p33 (0022.jp2)
  15. 4.おわりに / p39 (0025.jp2)
  16. 第3章 会計規制の歴史的分析 / p43 (0027.jp2)
  17. 1.はじめに / p43 (0027.jp2)
  18. 2.公的規制前史 / p45 (0028.jp2)
  19. 3.公的規制の開始からASR第4号まで / p51 (0031.jp2)
  20. 4.ASR第4号からFASBの創設まで / p59 (0035.jp2)
  21. 5.FASB以降 / p69 (0040.jp2)
  22. 6.おわりに / p74 (0043.jp2)
  23. 第4章 経営者の会計的選択行動 / p84 (0048.jp2)
  24. 1.はじめに / p84 (0048.jp2)
  25. 2.会計研究の指向 / p85 (0048.jp2)
  26. 3.会計方針選択行動 / p87 (0049.jp2)
  27. 4.最適ポートフォリオ戦略と報告利益管理 / p97 (0054.jp2)
  28. 5.おわりに / p103 (0057.jp2)
  29. 第5章 会計規制過程の構造と各主体のロビイング行動 / p110 (0061.jp2)
  30. 1.はじめに / p110 (0061.jp2)
  31. 2.デュー・プロセスの役割 / p111 (0061.jp2)
  32. 3.ロビイング研究の基礎理論 / p112 (0062.jp2)
  33. 2.会計研究に対する実証的インプリケーション / p118 (0065.jp2)
  34. 4.おわりに / p122 (0067.jp2)
  35. 第6章 伝統的な会計規制論の再検討 / p127 (0069.jp2)
  36. 1.はじめに / p127 (0069.jp2)
  37. 2.規制の必要性をめぐる議論 / p128 (0070.jp2)
  38. 3.古典的理論(公共の利益理論)の問題点 / p132 (0072.jp2)
  39. 4.捕囚理論(支配エリート仮説) / p136 (0074.jp2)
  40. 5.おわりに / p143 (0077.jp2)
  41. 第6章補論 基準設定機関内部の行動の実証 / p148 (0080.jp2)
  42. 1.APR委員の独立性の検証(Mever[1974]) / p148 (0080.jp2)
  43. 2.投票ブロックの検証(Rockness & Nikolai[1977]) / p150 (0081.jp2)
  44. 3.結託形成についてのゲーム論的分析(Newman[1981]) / p157 (0084.jp2)
  45. 4.結託形成の実証(Selto & Grove (1982; 1983]) / p161 (0086.jp2)
  46. 第7章 合計規制の経済理論 / p168 (0090.jp2)
  47. 1.はじめに / p168 (0090.jp2)
  48. 2.経営者のロビイング行動 / p169 (0090.jp2)
  49. 3.監査人のロビイング行動 / p175 (0093.jp2)
  50. 4.財務諸表利用者のロビイング行動 / p178 (0095.jp2)
  51. 5.おわりに / p180 (0096.jp2)
  52. 第7章補論 監査人のロビイング行動の実証 / p182 (0097.jp2)
  53. 1.契約理論に基づく監査人行動の実証研究(Watts & Zimmerman[1981]) / p182 (0097.jp2)
  54. 2.顧客層仮説の検証(DeAngelo[1982]) / p185 (0098.jp2)
  55. 3.監査人側のコストを考慮した研究(Puro[1984]) / p187 (0099.jp2)
  56. 第8章 会計規制過程における規制者行動 / p195 (0103.jp2)
  57. 1.はじめに / p195 (0103.jp2)
  58. 2.犬塚[1989;1992]の事例研究 / p196 (0104.jp2)
  59. 3.代替的解釈の可能性 / p200 (0106.jp2)
  60. 4.おわりに / p204 (0108.jp2)
  61. 結章 要約と展望 / p207 (0109.jp2)
  62. 参考文献 / p214 (0113.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171564
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171838
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335878
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ