An endogenously prosessed self peptide and the corresponding exogenous peptide bound to the same MHC class Ⅱ molecule could be distinct ligands for TCR with different kinetic stability 主要組織適合抗原クラスⅡ分子-ペプチド複合体の安定性とT細胞受容体による複合体認識に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 行徳, 隆裕 ギョウトク, タカヒロ

書誌事項

タイトル

An endogenously prosessed self peptide and the corresponding exogenous peptide bound to the same MHC class Ⅱ molecule could be distinct ligands for TCR with different kinetic stability

タイトル別名

主要組織適合抗原クラスⅡ分子-ペプチド複合体の安定性とT細胞受容体による複合体認識に関する研究

著者名

行徳, 隆裕

著者別名

ギョウトク, タカヒロ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第4645号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171621
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171895
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335935
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ