光応答型磁気カップラーを用いた一次元金属錯体の構築とその磁気的性質 : 光応答機能を持つ分子強磁性体を目指して

この論文をさがす

著者

    • 唐澤, 悟 カラサワ, サトル

書誌事項

タイトル

光応答型磁気カップラーを用いた一次元金属錯体の構築とその磁気的性質 : 光応答機能を持つ分子強磁性体を目指して

著者名

唐澤, 悟

著者別名

カラサワ, サトル

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第4692号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / (0005.jp2)
  3. 第1節 分子強磁性体 / p1 (0006.jp2)
  4. 第2節 分子内磁気的相互作用 / p3 (0007.jp2)
  5. 第3節 分子間磁気的相互作用 / p5 (0008.jp2)
  6. 第4節 分子強磁性体構築の現状 / p8 (0010.jp2)
  7. 第2章 本論 / (0013.jp2)
  8. 第1節 本研究の狙い及び分子設計の特徴 / p15 (0014.jp2)
  9. 2-1-1 ハイブリッドスピン系 / p15 (0014.jp2)
  10. 2-1-2 光応答性スピン化合物 / p18 (0016.jp2)
  11. 2-1-3 分子設計 / p21 (0017.jp2)
  12. 第2節 一次元鎖錯体の合成及び光照射前後の磁気的性質 part I / p24 (0019.jp2)
  13. 2-2-1 錯体合成 / p24 (0019.jp2)
  14. 2-2-2 結晶構造解析 / p26 (0020.jp2)
  15. 2-2-3 光照射前後の磁気的性質 / p37 (0026.jp2)
  16. 2-2-4 考察 / p49 (0032.jp2)
  17. 2-2-5 結論 / p54 (0034.jp2)
  18. 第3節 一次元鎖錯体の合成及び光照射前後の磁気的性質 part II / p55 (0035.jp2)
  19. 2-3-1 分子設計 / p55 (0035.jp2)
  20. 2-3-2 配位子の合成 / p57 (0036.jp2)
  21. 2-3-3 配位子の構造 / p60 (0038.jp2)
  22. 2-3-4 配位子の光照射後のESR測定 / p64 (0040.jp2)
  23. 2-3-5 錯体合成 / p66 (0041.jp2)
  24. 2-3-6 錯体の結晶構造 / p68 (0042.jp2)
  25. 2-3-7 錯体の光照射前後の磁気的性質 / p74 (0045.jp2)
  26. 2-3-8 考察 / p84 (0050.jp2)
  27. 2-3-9 結論 / p89 (0052.jp2)
  28. 第4節 新規光応答型磁気カップラーの合成及び光照射前後の磁気的性質 / p90 (0053.jp2)
  29. 2-4-1 分子設計及び目的 / p90 (0053.jp2)
  30. 2-4-2 合成 / p94 (0055.jp2)
  31. 2-4-3 配位子の構造 / p96 (0056.jp2)
  32. 2-4-4 UV-vis測定 / p100 (0058.jp2)
  33. 2-4-5 ESR測定 / p102 (0059.jp2)
  34. 2-4-6 磁化測定 / p104 (0060.jp2)
  35. 2-4-7 考察 / p116 (0066.jp2)
  36. 2-4-8 結論 / p116 (0066.jp2)
  37. 第5節 結語 / p117 (0067.jp2)
  38. 第3章 実験の部 / (0067.jp2)
  39. 実験項 / p118 (0068.jp2)
  40. 磁化率の計算 / p148 (0083.jp2)
  41. 参考文献 / p152 (0085.jp2)
  42. 使用機器 / p157 (0088.jp2)
  43. 発表論文 / p158 (0088.jp2)
  44. 謝辞 / p159 (0089.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171668
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171942
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335982
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ