DnaAタンパク質のATP加水分解活性の大腸菌細胞内でのDNA複製制御における機能

この論文をさがす

著者

    • 西田, 智 ニシダ, サトシ

書誌事項

タイトル

DnaAタンパク質のATP加水分解活性の大腸菌細胞内でのDNA複製制御における機能

著者名

西田, 智

著者別名

ニシダ, サトシ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第4697号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p4 (0005.jp2)
  3. 第二章 DnaAタンパク質のATPaseモチーフへの部位特異的変異導入 / p8 (0009.jp2)
  4. 第一節 緒言 / p8 (0009.jp2)
  5. 第二節 材料と方法 / p8 (0009.jp2)
  6. 第三節 DnaAタンパク質のATPaseモチーフを構成するアミノ酸残基の予測と部位特異的変異の導入 / p12 (0013.jp2)
  7. 第四節 考察 / p13 (0014.jp2)
  8. 第三章 変異DnaAタンパク質の精製 / p20 (0021.jp2)
  9. 第一節 緒言 / p20 (0021.jp2)
  10. 第二節 材料と方法 / p20 (0021.jp2)
  11. 第三節 変異DnaAタンパク質の精製 / p24 (0025.jp2)
  12. 第四章 変異DnaAたんぱく質のin vitroでの性状 / p28 (0029.jp2)
  13. 第一節 緒言 / p28 (0029.jp2)
  14. 第二節 材料と方法 / p28 (0029.jp2)
  15. 第三節 DnaA E204Qタンパク質のin vitroでの性状 / p29 (0030.jp2)
  16. 第四節 DnaA R334Aタンパク質のin vitroでの性状 / p30 (0031.jp2)
  17. 第五節 考察 / p30 (0031.jp2)
  18. 第五章 細胞内のDnaAタンパク質に結合したATPはDnaAタンパク質のATPase活性によって加水分解され、ADP結合型DnaAタンパク質を生じる / p41 (0042.jp2)
  19. 第一節 緒言 / p41 (0042.jp2)
  20. 第二節 材料と方法 / p41 (0042.jp2)
  21. 第三節 DnaA E204Qタンパク質のin vivoでの性状 / p42 (0043.jp2)
  22. 第四節 DnaA R334Aタンパク質のin vivoでの性状 / p42 (0043.jp2)
  23. 第五節 考察 / p43 (0044.jp2)
  24. 第六章 DnaAタンパク質のATPase活性は染色体複製の開始の抑制に必要である / p48 (0049.jp2)
  25. 第一節 緒言 / p48 (0049.jp2)
  26. 第二節 材料と方法 / p48 (0049.jp2)
  27. 第三節 DnaA R334Aタンパク質の発現による過剰複製開始 / p49 (0050.jp2)
  28. 第四節 DnaA R334Aタンパク質の発現によるoriC依存の致死性 / p50 (0051.jp2)
  29. 第五節 考察 / p50 (0051.jp2)
  30. 第七章 総括と展望 / p57 (0058.jp2)
  31. 第八章 文献 / p63 (0064.jp2)
  32. 第九章 発表論文 / p68 (0069.jp2)
  33. 第一〇章 謝辞 / p62 (0063.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171673
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171947
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000335987
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ