ゲル転写法を用いた無機ナノ粒子・生体高分子の集積固定化とゲル表面構造に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 藤川, 茂紀 フジカワ, シゲノリ

書誌事項

タイトル

ゲル転写法を用いた無機ナノ粒子・生体高分子の集積固定化とゲル表面構造に関する研究

著者名

藤川, 茂紀

著者別名

フジカワ, シゲノリ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第4715号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0009.jp2)
  3. 1-1.生体構造における階層性 / p1 (0009.jp2)
  4. 1-2.超分子化学と自己組織化 / p3 (0011.jp2)
  5. 1-3.二次元組織化と界面 / p5 (0013.jp2)
  6. 1-4.ゲル / p8 (0016.jp2)
  7. 1-5.問題提起 / p10 (0018.jp2)
  8. 1-6.本論文の内容と構成 / p11 (0019.jp2)
  9. 1-7.参考文献 / p12 (0020.jp2)
  10. 第2章 ゲル転写法を用いたシリカナノ粒子の転写・固定化 / p13 (0022.jp2)
  11. 2-1.序 / p13 (0022.jp2)
  12. 2-2.基本的な実験操作 / p15 (0024.jp2)
  13. 2-3.ゲル表面に展開するために必要なサイズの検討 / p16 (0025.jp2)
  14. 2-4.ゲル表面に展開されたシリカ粒子の転写とその粒子径効果 / p18 (0027.jp2)
  15. 2-5.転写における固体基板表面性状の影響 / p22 (0031.jp2)
  16. 2-6.蛍光粒子を用いた転写前後の粒子配列構造評価 / p28 (0037.jp2)
  17. 2-7.転写量に対する展開シリカ粒子溶液濃度の効果 / p32 (0041.jp2)
  18. 2-8.ゲル電気泳動によるシリカ粒子の配列制御 / p34 (0043.jp2)
  19. 2-9.ゲル転写法によるシリカ粒子薄膜の積層化 / p37 (0046.jp2)
  20. 2-10.結論 / p40 (0049.jp2)
  21. 2-11.参考文献 / p41 (0050.jp2)
  22. 第3章 ゲル転写法を用いたウィルス・タンパク質の転写・固定化 / p42 (0052.jp2)
  23. 3-1.序 / p42 (0052.jp2)
  24. 3-2.ゲル転写法を用いたタバコモザイクウィルス・フェリチンの転写 / p44 (0054.jp2)
  25. 3-3 溶液吸着法によるTMVの固定化 / p49 (0059.jp2)
  26. 3-4.TMVキャストフィルムからの転写・固定化 / p53 (0063.jp2)
  27. 3-5.電子スペクトル測定によるヘモグロビン逐次転写挙動の評価 / p55 (0065.jp2)
  28. 3-6.ペルオキシダーゼを用いた転写タンパク質の活性評価 / p57 (0067.jp2)
  29. 3-7.転写されたペルオキシダーゼの吸着安定性の向上 / p61 (0071.jp2)
  30. 3.8.結論 / p64 (0074.jp2)
  31. 3-9.参考文献 / p65 (0075.jp2)
  32. 第4章 ゲル転写法を用いた高分子ナノ薄膜の作成とゲル表面性状の特性評価 / p66 (0077.jp2)
  33. 4-1 序 / p66 (0077.jp2)
  34. 4-2.種々のゲルからの高分子ナノ薄膜の転写 / p69 (0080.jp2)
  35. 4-3.転写量に対する転写圧力の効果 / p75 (0086.jp2)
  36. 4-4.転写量に対する転写時間の効果 / p80 (0091.jp2)
  37. 4-5.転写に対する架橋度の効果 / p82 (0093.jp2)
  38. 4-6.転写前後のネットワーク構造の比較 / p86 (0097.jp2)
  39. 4-7.ゲル断面の転写 / p89 (0100.jp2)
  40. 4-8.転写に対するゲル洗浄の効果 / p91 (0102.jp2)
  41. 4-9.ゾル状態での転写 / p93 (0104.jp2)
  42. 4-10.逐次転写による高分子薄膜の積層化 / p98 (0109.jp2)
  43. 4-11.結論 / p100 (0111.jp2)
  44. 4-12.参考文献 / p102 (0113.jp2)
  45. 第5章 結言 / p103 (0115.jp2)
  46. 5-1.本研究の成果 / p103 (0115.jp2)
  47. 5-2.今後の展望 / p104 (0116.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171691
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171965
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336005
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ