予混合乱流伝ぱ火炎構造の解明と直接数値シミュレーション

この論文をさがす

著者

    • 城戸, 秀樹 キド, ヒデキ

書誌事項

タイトル

予混合乱流伝ぱ火炎構造の解明と直接数値シミュレーション

著者名

城戸, 秀樹

著者別名

キド, ヒデキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第4722号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. List of Tables and Figures / p3 (0005.jp2)
  3. 記号 / p5 (0007.jp2)
  4. 1.緒論 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.1 燃焼と乱れ / p1 (0009.jp2)
  6. 1.2 数値解析手法 / p4 (0012.jp2)
  7. 1.3 本論文の概要 / p6 (0014.jp2)
  8. 2.計算手法 / p7 (0015.jp2)
  9. 2.1 スペクトル法 / p7 (0015.jp2)
  10. 2.2 フーリエ・スペクトル選点法 / p9 (0017.jp2)
  11. 2.3 ギブス現象 / p10 (0018.jp2)
  12. 2.4 非線形項の取り扱いとエイリアシング誤差 / p12 (0020.jp2)
  13. 2.5 時間前進法 / p14 (0022.jp2)
  14. 3.計算条件 / p16 (0024.jp2)
  15. 3.1 支配方程式 / p16 (0024.jp2)
  16. 3.2 物性値 / p20 (0028.jp2)
  17. 3.3 初期乱れ場の発生方法 / p25 (0033.jp2)
  18. 4.乱れ強さと乱れのスケールの影響 / p29 (0037.jp2)
  19. 4.1 計算方法及び初期条件 / p29 (0037.jp2)
  20. 4.2 燃焼反応 / p32 (0040.jp2)
  21. 4.3 物性値 / p32 (0040.jp2)
  22. 4.4 計算結果 / p33 (0041.jp2)
  23. 4.5 結論 / p38 (0046.jp2)
  24. 5.分子の選択拡散の影響 / p39 (0047.jp2)
  25. 5.1 計算方法及び初期条件 / p39 (0047.jp2)
  26. 5.2 燃焼反応 / p40 (0048.jp2)
  27. 5.3 物性値 / p40 (0048.jp2)
  28. 5.4 計算結果 / p42 (0050.jp2)
  29. 5.5 結論 / p51 (0059.jp2)
  30. 6.局所的な当量比変化を考慮した反応機構 / p52 (0060.jp2)
  31. 6.1 計算方法及び初期条件 / p52 (0060.jp2)
  32. 6.2 燃焼反応 / p52 (0060.jp2)
  33. 6.3 物性値 / p54 (0062.jp2)
  34. 6.4 計算結果 / p54 (0062.jp2)
  35. 6.5 結論 / p63 (0071.jp2)
  36. 7.結論 / p64 (0072.jp2)
  37. 参考文献 / p66 (0074.jp2)
  38. 謝辞 / p74 (0082.jp2)
  39. 付録 / p75 (0082.jp2)
  40. Reduced kinetic mechanism / p75 (0083.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171698
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000171972
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000336012
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ