電子衝撃によるフッ素化合物の分子内エネルギー緩和過程に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 古藤, 江里 コトウ, エリ

書誌事項

タイトル

電子衝撃によるフッ素化合物の分子内エネルギー緩和過程に関する研究

著者名

古藤, 江里

著者別名

コトウ, エリ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第4840号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1.緒言 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2.分子の光励起過程 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.3.分子内のエネルギー緩和過程 / p5 (0011.jp2)
  6. 1.4.電子衝突励起法 / p8 (0014.jp2)
  7. 1.5.飛行時間型質量分析器とコインシデンス測定の原理 / p9 (0015.jp2)
  8. 1.6.本論文の構成 / p12 (0018.jp2)
  9. 第2章 装置と実験 / p14 (0020.jp2)
  10. 2.1.フルオロベンゼン類の電子衝撃発光スペクトルの測定 / p14 (0020.jp2)
  11. 2.2.パルス引き込み電場式電子衝撃フラグメントイオン-発光コインシデンス測定法 / p24 (0030.jp2)
  12. 2.3.連続引き込み電場式フラグメントイオン-発光コインシデンス法 / p29 (0035.jp2)
  13. 第3章 フルオロベンゼン類の電子衝撃発光スペクトルによるIVRの考察 / p32 (0038.jp2)
  14. 3.1.緒言 / p32 (0038.jp2)
  15. 3.2.フルオロベンゼン類の低分解能電子衝撃発光スペクトル / p34 (0040.jp2)
  16. 3.3.パラジフルオロベンゼン(p-DFB)の高分解能電子衝撃発光スペクトル / p41 (0047.jp2)
  17. 3.4.パラフルオロトルエン(p-FT)の高分解能電子衝撃発光スペクトル / p49 (0055.jp2)
  18. 3.5.p-DFTとp-FTのIVR速度の比較 / p55 (0061.jp2)
  19. 3.6.p-DFB、p-FTのスペクトルの入射エネルギー依存性 / p57 (0063.jp2)
  20. 3.7.電子衝撃励起によってできる初期状態についての考察 / p61 (0067.jp2)
  21. 3.8.結語 / p66 (0072.jp2)
  22. 第4章 メタノールのパルス式電子衝撃フラグメントイオン-発光コインシデンス法による解離性イオン化過程の研究 / p69 (0075.jp2)
  23. 4.1.緒言 / p69 (0075.jp2)
  24. 4.2.実験 / p69 (0075.jp2)
  25. 4.3.結果と考察 / p71 (0077.jp2)
  26. 4.4.結語 / p79 (0085.jp2)
  27. 第5章 フルオロカーボン類の連続引き込み電場式フラグメントイオン-発光コインシデンス法による解離性イオン化過程の研究 / p80 (0086.jp2)
  28. 5.1.CF₄の電子衝撃フラグメントイオン-発光コインシデンス(FIPCO)法による解離性イオン化の研究 / p80 (0086.jp2)
  29. 5.2.CHF₃の電子衝撃フラグメントイオン-発光コインシデンス(FIPCO)法による解離性イオン化の研究 / p91 (0097.jp2)
  30. 5.3.結語 / p96 (0102.jp2)
  31. 第6章 総括 / p98 (0104.jp2)
  32. 謝辞 / p100 (0106.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171816
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172090
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336130
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ