食品のマイコトキシン汚染防止に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 田中, 健治 タナカ, ケンジ

書誌事項

タイトル

食品のマイコトキシン汚染防止に関する研究

著者名

田中, 健治

著者別名

タナカ, ケンジ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

乙第6821号

学位授与年月日

1999-02-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第2章 ブラインシュリンプを用いるマイコトキシン生物試験法の開発 / p4 (0007.jp2)
  4. 第1節 マイコトキシンのブラインシュリンプヘの影響 / p4 (0007.jp2)
  5. 第2節 数種のマイコトキシンの相互作用について / p16 (0019.jp2)
  6. 第3節 マイコトキシンと金属化合物の相互作用について / p29 (0032.jp2)
  7. 第3章 タマミジンコを用いるマイコトキシン生物試験法の開発 / p38 (0041.jp2)
  8. 第1節 飼育条件とマイコトキシンのタマミジンコヘの影響 / p38 (0041.jp2)
  9. 第2節 プランクトン計数装置の開発 / p51 (0054.jp2)
  10. 第4章 Aspergillus属菌株の産生するマイコトキシン / p61 (0064.jp2)
  11. 第1節 麹酸の高速液体クロマトグラフィーによる分析 / p61 (0064.jp2)
  12. 第2節 添加した麹酸の醤油醸造中の分解 / p75 (0078.jp2)
  13. 第3節 カツオ節類のマイコトキシン汚染防止 / p89 (0092.jp2)
  14. 第5章 Penicillium属菌の産生するマイコトキシン / p93 (0096.jp2)
  15. 第6章 Fusarium属菌の産生するマイコトキシン / p114 (0117.jp2)
  16. 第1節 国産ムギ類へのトリコテセン系マイコトキシン汚染実態と地理的分布 / p114 (0117.jp2)
  17. 第2節 国産トウモロコシのフモニシン汚染実態 / p119 (0122.jp2)
  18. 第7章 インドおよびタイでのマイコトキシン汚染メカニズムの解明 / p123 (0126.jp2)
  19. 第1節 インドでのピーナツのアフラトキシン汚染メカニズム / p123 (0126.jp2)
  20. 第1項 分析法(AOAC modified method)の検討 / p123 (0126.jp2)
  21. 第2項 ピーナッツへのアフラトキシン汚染メカニズムの解明 / p128 (0131.jp2)
  22. 第2節 タイでのトウモロコシのアフラトキシン汚染メカニズム / p139 (0142.jp2)
  23. 第8章 マイコトキシンの低減化技術の開発 / p145 (0148.jp2)
  24. 第1節 トリコテセン系マイコトキシンのムギ類加工中の低減化 / p145 (0148.jp2)
  25. 第2節 フモニシンのトウモロコシ加工中の低減化 / p150 (0153.jp2)
  26. 第9章 総括 / p157 (0160.jp2)
  27. 謝辞 / p164 (0167.jp2)
  28. 文献 / p165 (0168.jp2)
  29. Summary / p168 (0172.jp2)
  30. Zusammenfassung / p176 (0180.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171876
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172150
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336190
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ