熟語の認知過程に関する研究部分-全体関係よりの接近

この論文をさがす

著者

    • 下村, 満子 シモムラ, ミツコ

書誌事項

タイトル

熟語の認知過程に関する研究部分-全体関係よりの接近

著者名

下村, 満子

著者別名

シモムラ, ミツコ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士(人間科学)

学位授与番号

乙第7566号

学位授与年月日

1998-07-16

注記・抄録

博士論文

14401乙第07566号

博士(人間科学)

大阪大学

1998-07-16

14106

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 第1章 理論と先行的知見 / p1 (0006.jp2)
  3. 第0節 はじめに / p2 (0007.jp2)
  4. 第1節 心的辞書と語彙アクセス / p4 (0009.jp2)
  5. 第2節 語彙アクセスの代表的モデル / p6 (0011.jp2)
  6. 第3節 代表的な実験的知見 / p14 (0019.jp2)
  7. 第4節 語彙アクセスにおける形態論的諸問題 / p23 (0028.jp2)
  8. 第5節 日本語の単語認知に関する研究 / p38 (0043.jp2)
  9. 第6節 部分と全体の処理 / p44 (0049.jp2)
  10. 第2章 漢字に対する熟語の優位性に関する検討 / p46 (0051.jp2)
  11. 第0節 はじめに / p47 (0052.jp2)
  12. 第1節 熟語の優位性に関する検証1-継時照合課題 / p48 (0053.jp2)
  13. 第2節 熟語の優位性に関する検証2-誤字検出課題 / p57 (0062.jp2)
  14. 第3節 まとめ / p72 (0077.jp2)
  15. 第3章 熟語の語彙アクセスにおける漢字の処理に関する検討 / p73 (0078.jp2)
  16. 第0節 はじめに / p74 (0079.jp2)
  17. 第1節 実験1 漢字の語彙性の効果に関する検討(1) / p77 (0082.jp2)
  18. 第2節 実験2 漢字の語彙性の効果に関する検討(2) / p112 (0117.jp2)
  19. 第3節 実験3 漢字と熟語の意味共通性の効果に関する検討 / p120 (0125.jp2)
  20. 第4節 実験4 漢字と熟語の出現頻度の効果 / p125 (0130.jp2)
  21. 第4章 総合論議 / p136 (0141.jp2)
  22. 謝辞 / (0157.jp2)
  23. 参考文献 / (0158.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000171958
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172232
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336272
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ