Increased production of interleukin-1β and hepatocyte growth factor may contribute to foveplar hyperplasia in enlarged fold gastritis 皺襞腫大型胃炎における腺窩上皮過形成の機序 : インターロイキン-1βおよび肝細胞増殖因子生産亢進の寄与

この論文をさがす

著者

    • 安永, 祐一 ヤスナガ, ユウイチ

書誌事項

タイトル

Increased production of interleukin-1β and hepatocyte growth factor may contribute to foveplar hyperplasia in enlarged fold gastritis

タイトル別名

皺襞腫大型胃炎における腺窩上皮過形成の機序 : インターロイキン-1βおよび肝細胞増殖因子生産亢進の寄与

著者名

安永, 祐一

著者別名

ヤスナガ, ユウイチ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

乙第7608号

学位授与年月日

1998-10-06

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172000
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172275
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336314
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ