磁気記録再生装置における高画質化技術に関する研究 磁気 記録 再生 装置 高 画質化 技術

この論文をさがす

著者

    • 畠中惠司 ハタナカ, ケイジ

書誌事項

タイトル

磁気記録再生装置における高画質化技術に関する研究

タイトル別名

磁気 記録 再生 装置 高 画質化 技術

著者名

畠中惠司

著者別名

ハタナカ, ケイジ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第7612号

学位授与年月日

1998-10-14

注記・抄録

博士論文

14401乙第07612号

博士(工学)

大阪大学

1998-10-14

14177

目次

  1. 論文要旨 / (0003.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.1 本研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.2 従来の研究 / p2 (0006.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的 / p10 (0010.jp2)
  7. 1.4 本論文の構成と概要 / p11 (0010.jp2)
  8. 1.5 用語説明 / p12 (0011.jp2)
  9. 第2章 ディジタルFM信号処理による高画質化 / p14 (0012.jp2)
  10. 2.1 はじめに / p14 (0012.jp2)
  11. 2.2 S-VHS VTRのFM信号処理 / p16 (0013.jp2)
  12. 2.3 FM信号の観測法 / p17 (0013.jp2)
  13. 2.4 ダイナミックイコライザ / p24 (0017.jp2)
  14. 2.5 シミュレーションによる評価 / p38 (0024.jp2)
  15. 2.6 おわりに / p42 (0026.jp2)
  16. 第3章 ディジタルFM信号処理のハードウェア化とその評価 / p43 (0026.jp2)
  17. 3.1 はじめに / p43 (0026.jp2)
  18. 3.2 TAN形式FM復調方式について / p44 (0027.jp2)
  19. 3.3 ハードウェア設計 / p48 (0029.jp2)
  20. 3.4 性能評価 / p59 (0034.jp2)
  21. 3.5 おわりに / p61 (0035.jp2)
  22. 第4章 反転現象補償方式 / p62 (0036.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p62 (0036.jp2)
  24. 4.2 復調後の反転現象検出方法 / p62 (0036.jp2)
  25. 4.3 反転現象補償方式の検討 / p63 (0036.jp2)
  26. 4.4 反転現象補償方式のハードウェア化 / p75 (0042.jp2)
  27. 4.5 おわりに / p78 (0044.jp2)
  28. 第5章 ダイナミックトラッキングシステム / p79 (0044.jp2)
  29. 5.1 はじめに / p79 (0044.jp2)
  30. 5.2 アクチュエータ / p81 (0045.jp2)
  31. 5.3 従来のDTF方式 / p84 (0047.jp2)
  32. 5.4 マイクロコンピュータを用いたDTFシステム / p86 (0048.jp2)
  33. 5.5 本DTFの効果 / p99 (0054.jp2)
  34. 5.6 おわりに / p102 (0056.jp2)
  35. 第6章 結論 / p103 (0056.jp2)
  36. 謝辞 / p106 (0058.jp2)
  37. 参考文献 / p107 (0058.jp2)
  38. 関連論文 / p110 (0060.jp2)
  39. 関連登録特許 / p111 (0060.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172004
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172279
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336318
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ