【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

消費者の参照価格の形成過程に関する実証研究

この論文をさがす

著者

    • 中村, 博 ナカムラ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

消費者の参照価格の形成過程に関する実証研究

著者名

中村, 博

著者別名

ナカムラ, ヒロシ

学位授与大学

学習院大学

取得学位

博士(経営学)

学位授与番号

甲第87号

学位授与年月日

1999-03-09

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 第1章 研究の意義と問題認識 / p1 (0009.jp2)
  3. 1.1.はじめに / p1 (0009.jp2)
  4. 1.2.参照価格研究の意義 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.3.問題認識 / p4 (0012.jp2)
  6. 1.4.論文の構成 / p8 (0016.jp2)
  7. 第2章 消費者の参照価格の概念および特性に関する実証研究のレビュー / p11 (0019.jp2)
  8. 2.1. はじめに / p11 (0019.jp2)
  9. 2.2.参照価格の定義 / p11 (0019.jp2)
  10. 2.3.参照価格の特性 / p14 (0022.jp2)
  11. 2.4.消費者の価格知識の取得過程 / p32 (0040.jp2)
  12. 2.5.これまでの研究のまとめと課題 / p34 (0042.jp2)
  13. 2.6.研究課題 / p36 (0044.jp2)
  14. 2.7.付表2-1(価格知識調査レビュー) / p39 (0047.jp2)
  15. 3章 消費者の価格知識の取得過程に関する実証研究 / p41 (0049.jp2)
  16. 3.1. はじめに / p41 (0049.jp2)
  17. 3.2.消費者の価格知識取得過程 / p42 (0050.jp2)
  18. 3.3.価格知識取得過程に関する仮説 / p47 (0055.jp2)
  19. 3.4.消費者の価格知識に関する調査方法 / p50 (0058.jp2)
  20. 3.5.分析結果 / p53 (0061.jp2)
  21. 3.6.調査結果のまとめ / p66 (0074.jp2)
  22. 3.7.分析の限界と今後の課題 / p68 (0076.jp2)
  23. 3.8.補足 / p69 (0077.jp2)
  24. 第4章 消費者の価格記憶を考慮したブランド選択モデル / p72 (0080.jp2)
  25. 4.1.はじめに / p72 (0080.jp2)
  26. 4.2.仮定 / p72 (0080.jp2)
  27. 4.3.価格記憶型モデルの定式化 / p74 (0082.jp2)
  28. 4.4.パラメータの推定方法 / p79 (0087.jp2)
  29. 4.5.分析方法 / p80 (0088.jp2)
  30. 4.6.データ / p81 (0089.jp2)
  31. 4.7.推定結果 / p84 (0092.jp2)
  32. 4.8.考察 / p88 (0096.jp2)
  33. 4.9.分析モデルの限界と今後の課題 / p88 (0096.jp2)
  34. 4.10.まとめ / p89 (0097.jp2)
  35. 第5章結論 / p91 (0099.jp2)
  36. 5.1.はじめに / p91 (0099.jp2)
  37. 5.2.消費者の価格知識について / p91 (0099.jp2)
  38. 5.3.価格の記憶を明示的に取り込んだブランド選択モデルの構築 / p92 (0100.jp2)
  39. 5.4.新製品の市場導入時の価格プロモーションに関する示唆 / p93 (0101.jp2)
  40. 5.5.研究の限界と参照価格研究の方向性 / p96 (0104.jp2)
  41. 参考文献 / p98 (0106.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172014
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172289
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336328
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ