【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

薬物のヒト爪甲透過機構および透過促進に関する研究 ヤクブツ ノ ヒト ソウコウ トウカ キコウ オヨビ トウカ ソクシン ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 小林, 洋一 コバヤシ, ヨウイチ

書誌事項

タイトル

薬物のヒト爪甲透過機構および透過促進に関する研究

タイトル別名

ヤクブツ ノ ヒト ソウコウ トウカ キコウ オヨビ トウカ ソクシン ニ カンスル ケンキュウ

著者名

小林, 洋一

著者別名

コバヤシ, ヨウイチ

学位授与大学

城西大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第13号

学位授与年月日

1999-03-20

注記・抄録

博士論文

学位授与機関:城西大学 学位記番号:博甲第13号,学位の種別:博士(薬学), 学位授与年月日: 平成11年(1999年) 3月20日. 75p.

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 総論の部 / p1 (0005.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 第1編 薬物のヒト爪甲透過機構に関する検討 / p3 (0006.jp2)
  5. 第1章 爪甲の三層構造と薬物の爪甲透過性との関係 / p3 (0006.jp2)
  6. 第1節 爪甲の構造と爪白癬 / p3 (0006.jp2)
  7. 第2節 爪甲の脂質含有量およびその分布 / p6 (0008.jp2)
  8. 第3節 爪甲三層の薬物透過特性 / p8 (0009.jp2)
  9. 第4節 爪甲三層中の薬物濃度予測 / p13 (0011.jp2)
  10. 第5節 本章の考察 / p16 (0013.jp2)
  11. 第2章 薬物の物性と爪甲透過性との関係 / p17 (0013.jp2)
  12. 第1節 薬物の爪甲透過性に及ぼす親油性の影響 / p17 (0013.jp2)
  13. 第2節 薬物の爪甲透過性に及ぼすイオン解離の影響 / p20 (0015.jp2)
  14. 第3節 薬物の爪甲透過性に及ぼす分子量の影響 / p24 (0017.jp2)
  15. 第4節 正常および疾病爪甲を介する薬物透過の比較 / p29 (0019.jp2)
  16. 第5節 本章の考察 / p32 (0021.jp2)
  17. 第2編 薬物のヒト爪甲透過促進に関する検討 / p33 (0021.jp2)
  18. 第1章 爪甲透過促進剤の探索 / p33 (0021.jp2)
  19. 第1節 爪甲物性に及ぼす種々基剤の効果 / p34 (0022.jp2)
  20. 第2節 種々基剤からの薬物の爪甲透過促進効果 / p36 (0023.jp2)
  21. 第3節 爪甲の物性および薬物の爪甲透過性に及ぼす促進剤濃度の影響 / p39 (0024.jp2)
  22. 第4節 本章の考察 / p42 (0026.jp2)
  23. 第2章 爪甲透過促進剤の最適な適用条件設定 / p43 (0026.jp2)
  24. 第1節 薬物の爪甲透過性に及ぼす種々促進剤の効果 / p44 (0027.jp2)
  25. 第2節 種々薬物の爪甲透過性に及ぼす促進剤の効果 / p47 (0028.jp2)
  26. 第3節 薬物と促進剤の同時適用基剤による爪甲透過促進効果 / p51 (0030.jp2)
  27. 第4節 本章の考察 / p55 (0032.jp2)
  28. 結論 / p56 (0033.jp2)
  29. 謝辞 / p60 (0035.jp2)
  30. 実験の部 / p61 (0036.jp2)
  31. 第1編 / p61 (0036.jp2)
  32. 第1章 実験の部 / p61 (0036.jp2)
  33. 第2章 実験の部 / p65 (0038.jp2)
  34. 第2編 / p68 (0040.jp2)
  35. 第1章 実験の部 / p68 (0040.jp2)
  36. 第2章 実験の部 / p71 (0041.jp2)
  37. 引用文献 / p72 (0042.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172039
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172314
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000336353
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ