原始仏教からアビダルマ仏教に至るまでの縁起思想研究

この論文をさがす

著者

    • 林寺, 正俊 ハヤシテラ, ショウシュン

書誌事項

タイトル

原始仏教からアビダルマ仏教に至るまでの縁起思想研究

著者名

林寺, 正俊

著者別名

ハヤシテラ, ショウシュン

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

甲第4582号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. はしがき / p1 (0003.jp2)
  2. 内容目次 / p2 (0004.jp2)
  3. 略号表(使用テキスト) / p4 (0006.jp2)
  4. 第1篇 原始仏教の縁起説 / p6 (0008.jp2)
  5. 序 / p7 (0009.jp2)
  6. 第1章 縁起説の展開 / p8 (0010.jp2)
  7. 第1節 簡潔な縁起説 / p9 (0011.jp2)
  8. 第2節 upadhiを説く縁起説 / p11 (0013.jp2)
  9. 1.経典の内容 / p11 (0013.jp2)
  10. 2.upadhiの意味 / p13 (0015.jp2)
  11. 3.upadhiの比喩 / p15 (0017.jp2)
  12. 4.古層経典との関係 / p18 (0020.jp2)
  13. 第3節 五支縁起への展開 / p21 (0023.jp2)
  14. 第4節 五支縁起 / p25 (0027.jp2)
  15. 1.経典の内容 / p25 (0027.jp2)
  16. 2.五支縁起の比喩 / p27 (0029.jp2)
  17. 3.五支縁起の趣意 / p29 (0031.jp2)
  18. 第5節 五支縁起からの展開 / p30 (0032.jp2)
  19. 1.六処説との結合類型 / p30 (0032.jp2)
  20. 2.六処説との結合の契機 / p33 (0035.jp2)
  21. 3.その後の展開 / p35 (0037.jp2)
  22. 注記(第1篇第1章) / p36 (0038.jp2)
  23. 第2章 縁起説の定型句 / p45 (0047.jp2)
  24. 第1節 定型句の成立とその問題 / p46 (0048.jp2)
  25. 1.問題の所在 / p46 (0048.jp2)
  26. 2.経典の検討 / p48 (0050.jp2)
  27. 3.小結 / p55 (0057.jp2)
  28. 第2節 定型句の趣意 / p56 (0058.jp2)
  29. 1.問題の所在 / p56 (0058.jp2)
  30. 2.定型句の解釈 / p58 (0060.jp2)
  31. 3.小結 / p77 (0079.jp2)
  32. 注記(第1篇第2章) / p78 (0080.jp2)
  33. 第2篇 アビダルマ仏教の縁起解釈 / p94 (0096.jp2)
  34. 序 / p95 (0097.jp2)
  35. 第1章 南方上座部の縁起解釈 / p96 (0098.jp2)
  36. 第1節 問題の所在 / p97 (0099.jp2)
  37. 第2節 異熟支分 / p99 (0101.jp2)
  38. 1.有輪の特質 / p99 (0101.jp2)
  39. 2.『無礙解道』の教説 / p100 (0102.jp2)
  40. 3.異熟輪転 / p101 (0103.jp2)
  41. 第3節 異熟支分の内容とその問題点 / p103 (0105.jp2)
  42. 1.「行→識」の関係 / p105 (0107.jp2)
  43. 2.「識→名色」の関係 / p108 (0110.jp2)
  44. 3.「名色→六処」の関係 / p113 (0115.jp2)
  45. 4.「六処→触」の関係 / p117 (0119.jp2)
  46. 5.「触→受」の関係 / p121 (0123.jp2)
  47. 6.異熟支分の問題点 / p125 (0127.jp2)
  48. 第4節 名色の特殊性 / p127 (0129.jp2)
  49. 1.勝義としての名色 / p127 (0129.jp2)
  50. 2.勝義としての名色の内容 / p130 (0132.jp2)
  51. 第5節 小結 / p135 (0137.jp2)
  52. 注記(第2篇第1章) / p137 (0139.jp2)
  53. 第2章 説一切有部の縁起解釈 / p162 (0164.jp2)
  54. 第1節 分位縁起とその問題 / p163 (0165.jp2)
  55. 1.三世両重の因果 / p163 (0165.jp2)
  56. 2.分位縁起 / p164 (0166.jp2)
  57. 3.分位縁起成立の背景とその問題点 / p166 (0168.jp2)
  58. 第2節『法蘊足論』における縁起解釈 / p168 (0170.jp2)
  59. 1.『法蘊足論』の十二縁起解釈 / p168 (0170.jp2)
  60. 2.行という支分を業とする解釈 / p171 (0173.jp2)
  61. 3.名色と行という支分の同一性 / p176 (0178.jp2)
  62. 4.六処を行とする解釈 / p181 (0183.jp2)
  63. 第3節 小結 / p185 (0187.jp2)
  64. 注記(第2篇第2章) / p189 (0191.jp2)
  65. 結論 / p201 (0203.jp2)
  66. 縁起に関する研究文献目録 / p206 (0208.jp2)
11アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172140
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172415
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336454
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ