メロディ認知におけるリズム的体制化と調性的体制化の関係に関する認知科学的研究

この論文をさがす

著者

    • 岡田, 顕宏 オカダ, アキヒロ

書誌事項

タイトル

メロディ認知におけるリズム的体制化と調性的体制化の関係に関する認知科学的研究

著者名

岡田, 顕宏

著者別名

オカダ, アキヒロ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(行動科学)

学位授与番号

甲第4583号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第I部 はじめに / p8 (0010.jp2)
  3. 第1章 メロディ認知とは / p11 (0013.jp2)
  4. 1.1.音楽を認識するということ / p12 (0014.jp2)
  5. 1.2.メロディ認知における知覚的体制化の過程 / p17 (0020.jp2)
  6. 1.3.リズム的体制化とは / p20 (0026.jp2)
  7. 1.4.調性的体制化とは / p28 (0035.jp2)
  8. 第2章 本研究の目的 / p36 (0045.jp2)
  9. 2.1.本研究の目的と意義について / p37 (0046.jp2)
  10. 2.2.本論文の構成について / p39 (0048.jp2)
  11. 第II部 リズム的体制化と調性的体制化の関係に関する先行研究の展望 / p41 (0050.jp2)
  12. 第3章 メロディ認知における知覚的体制化の処理の関係に関する研究の展望 / p43 (0052.jp2)
  13. 3.1.音列の音長系列の処理と音高系列の処理の関係について / p44 (0053.jp2)
  14. 3.2.時間的側面の処理から音高的側面の処理への影響 / p47 (0056.jp2)
  15. 3.3.音高的側面の処理から時間的側面の処理への影響 / p52 (0061.jp2)
  16. 3.4.時間的側面の処理と音高的側面の処理との関係に関する議論 / p55 (0064.jp2)
  17. 第4章 メロディ認知における処理のモジュール性に関する神経心理学的研究の展望 / p61 (0070.jp2)
  18. 4.1.メロディ認知における処理のモジュール性について / p62 (0071.jp2)
  19. 4.2.音楽処理機能の脳内局在性に関する実験的研究 / p64 (0073.jp2)
  20. 4.3.音楽認知におけるモジュール性を示す失音楽症患者の症例研究 / p72 (0081.jp2)
  21. 4.4.神経心理学的知見のまとめ / p79 (0088.jp2)
  22. 第5章 第II部のまとめ / p84 (0093.jp2)
  23. 第III部 リズム的体制化と調性的体制化の関係に関する実験的研究 / p87 (0096.jp2)
  24. 第6章 リズム的体制化から調性的体制化への影響について<実験1> / p91 (0100.jp2)
  25. 6.1.実験1の目的 / p92 (0101.jp2)
  26. 6.2.方法 / p94 (0103.jp2)
  27. 6.3.結果と考察 / p97 (0108.jp2)
  28. 6.4.実験1のまとめ / p102 (0116.jp2)
  29. 第7章 リズム的体制化と調性的体制化の相互の影響について<実験2> / p104 (0118.jp2)
  30. 7.1.実験2の目的 / p105 (0119.jp2)
  31. 7.2.方法 / p109 (0123.jp2)
  32. 7.3.結果 / p114 (0131.jp2)
  33. 7.4.考察 / p125 (0153.jp2)
  34. 7.5.実験2のまとめ / p134 (0164.jp2)
  35. 第8章 拍節文脈が聴き手の調の認識に及ぼす影響について<実験3> / p138 (0168.jp2)
  36. 8.1.実験3の目的 / p139 (0169.jp2)
  37. 8.2.方法 / p143 (0173.jp2)
  38. 8.3.結果と考察 / p146 (0177.jp2)
  39. 8.4.実験3のまとめ / p150 (0184.jp2)
  40. 第9章 拍節構造と音長系列が調性的体制化に及ぼす影響<実験4> / p151 (0185.jp2)
  41. 9.1.実験4の目的 / p152 (0186.jp2)
  42. 9.2.方法 / p157 (0191.jp2)
  43. 9.3.結果と考察 / p160 (0195.jp2)
  44. 9.4.実験4のまとめ / p163 (0199.jp2)
  45. 第10章 音高的側面と調性構造がリズム的体制化に及ぼす影響<実験5> / p167 (0203.jp2)
  46. 10.1.実験5の目的 / p168 (0204.jp2)
  47. 10.2.方法 / p174 (0210.jp2)
  48. 10.3.結果と考察 / p179 (0216.jp2)
  49. 10.4.実験5のまとめ / p183 (0221.jp2)
  50. 第11章 リズム的体制化と調性的体制化の関係に関する実験的研究のまとめ / p186 (0224.jp2)
  51. 11.1.実験結果の要約 / p187 (0225.jp2)
  52. 11.2.リズム的体制化と調性的体制化の統合過程に関する議論 / p189 (0227.jp2)
  53. 第IV部 リズム的体制化と調性的体制化の関係に関する計算論的モデルの構築 / p192 (0230.jp2)
  54. 第12章 リズム的体制化と調性的体制化の統合的モデルの構築 / p195 (0233.jp2)
  55. 12.1.メロディ認知のための計算モデル / p196 (0234.jp2)
  56. 12.2.拍節処理モジュール / p204 (0245.jp2)
  57. 12.3.調性処理モジュール / p210 (0254.jp2)
  58. 12.4.統合的モデルにおける拍節処理モジュールと調性処理モジュールの統合過程 / p214 (0260.jp2)
  59. 第13章 統合的モデルの妥当性の検討<シミュレーション1> / p220 (0270.jp2)
  60. 13.1.シミュレーション1の目的 / p221 (0271.jp2)
  61. 13.2.方法 / p224 (0274.jp2)
  62. 13.3.シミュレーション1の結果 / p226 (0276.jp2)
  63. 13.4.考察 / p229 (0280.jp2)
  64. 第14章 拍節的重み付けの妥当性の検討<シミュレーション2> / p231 (0282.jp2)
  65. 14.1.シミュレーション2の目的 / p232 (0283.jp2)
  66. 14.2.方法 / p233 (0284.jp2)
  67. 14.3.シミュレーション2の結果 / p235 (0286.jp2)
  68. 14.4.考察 / p237 (0289.jp2)
  69. 第15章 統合的モデルの心理学的妥当性について / p240 (0292.jp2)
  70. 第V部 まとめ / p246 (0298.jp2)
  71. 第16章 メロディ認知のメカニズムについて / p247 (0299.jp2)
  72. 16.1.本論文のまとめ / p248 (0300.jp2)
  73. 16.2.メロディ認知研究における今後の課題 / p253 (0305.jp2)
  74. 引用文献 / p258 (0310.jp2)
  75. 謝辞 / p273 (0325.jp2)
  76. 付録 / p275 (0327.jp2)
14アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172141
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172416
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336455
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ