完新世初頭における移動・居住形態の復元的研究 : 北海道における石刃鏃石器群を例に

この論文をさがす

著者

    • 高倉, 純 タカクラ, ジュン

書誌事項

タイトル

完新世初頭における移動・居住形態の復元的研究 : 北海道における石刃鏃石器群を例に

著者名

高倉, 純

著者別名

タカクラ, ジュン

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

甲第4586号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

121p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(文学)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. はじめに / p1 (0005.jp2)
  3. 第I章 遺跡間変異と移動・居住形態の復元 / p3 (0007.jp2)
  4. 1 目的 / p3 (0007.jp2)
  5. 2 問題の所在 / p4 (0008.jp2)
  6. 3 中石器時代の自然環境と生業形態 / p6 (0010.jp2)
  7. 4 北西ヨーロッパの移動・居住形態研究 / p8 (0012.jp2)
  8. 5 日本の移動・居住形態研究 / p22 (0026.jp2)
  9. 6 まとめ / p30 (0034.jp2)
  10. 第II章 北海道における石刃鏃石器群の石器製作技術 / p33 (0037.jp2)
  11. 1 目的 / p33 (0037.jp2)
  12. 2 検討対象 / p34 (0038.jp2)
  13. 3 石刃剥離技術の検討 / p34 (0038.jp2)
  14. 4 考察 / p50 (0054.jp2)
  15. 5 まとめ / p54 (0058.jp2)
  16. 第III章 石刃鏃石器群をのこした〈集団〉の移動・居住形態 / p55 (0059.jp2)
  17. 1 目的 / p55 (0059.jp2)
  18. 2 検討資料 / p57 (0061.jp2)
  19. 3 石器製作技術の比較検討 / p59 (0063.jp2)
  20. 4 組成の比較検討 / p68 (0072.jp2)
  21. 5 移動・居住形態の検討 / p75 (0079.jp2)
  22. 6 まとめ / p81 (0085.jp2)
  23. 第IV章 石刃鏃石器群の遺跡立地とその背景 / p83 (0087.jp2)
  24. 1 目的 / p83 (0087.jp2)
  25. 2 石刃鏃石器群の遺跡立地 / p84 (0088.jp2)
  26. 3 完新世初頭における北海道東部の海岸線 / p91 (0095.jp2)
  27. 4 遺跡間変異の問題と海岸線 / p100 (0104.jp2)
  28. 5 まとめ / p101 (0105.jp2)
  29. おわりに / p106 (0110.jp2)
  30. 謝辞 / p108 (0112.jp2)
  31. 註および引用・参考文献 / p109 (0113.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172144
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172419
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000336458
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ