各種化学物質の化学構造が皮膚感作性アレルギー反応試験に及ぼす影響

この論文をさがす

著者

    • 中村, 洋介 ナカムラ, ヨウスケ

書誌事項

タイトル

各種化学物質の化学構造が皮膚感作性アレルギー反応試験に及ぼす影響

著者名

中村, 洋介

著者別名

ナカムラ, ヨウスケ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第4629号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p8 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の目的 / p8 (0006.jp2)
  4. 1.2 従来の研究状況 / p10 (0007.jp2)
  5. 第二章 化学物質の物理化学的性質が皮膚感作性試験に及ぼす影響 / p14 (0009.jp2)
  6. 2.1 緒言 / p14 (0009.jp2)
  7. 2.2 実験方法 / p15 (0010.jp2)
  8. 2.3 結果 / p17 (0011.jp2)
  9. 2.4 結語 / p19 (0012.jp2)
  10. 第三章 複数の皮膚感作性物質の相互作用に関する検討 / p22 (0013.jp2)
  11. 3.1 緒言 / p22 (0013.jp2)
  12. 3.2 実験方法 / p23 (0014.jp2)
  13. 3.3 結果 / p24 (0014.jp2)
  14. 3.4 結語 / p24 (0014.jp2)
  15. 第四章 酸無水物の皮膚感作性原因構造の解析 / p26 (0015.jp2)
  16. 4.1 緒言 / p26 (0015.jp2)
  17. 4.2 実験方法 / p26 (0015.jp2)
  18. 4.3 結果 / p27 (0016.jp2)
  19. 4.4 結語 / p28 (0016.jp2)
  20. 第五章 皮膚感作性試験におけるキャリア―蛋白質の選別に関する検討 / p31 (0018.jp2)
  21. 5.1 緒言 / p31 (0018.jp2)
  22. 5.2 実験方法 / p31 (0018.jp2)
  23. 5.3 結果 / p34 (0019.jp2)
  24. 5.4 結語 / p34 (0019.jp2)
  25. 第六章 モルモット表皮Langerhans細胞上ATPaseの機能に関する検討 / p37 (0021.jp2)
  26. 6.1 緒言 / p37 (0021.jp2)
  27. 6.2 実験方法 / p38 (0021.jp2)
  28. 6.3 結果 / p40 (0022.jp2)
  29. 6.4 結語 / p42 (0023.jp2)
  30. 第七章 総括 / p44 (0024.jp2)
  31. 謝辞 / p47 (0026.jp2)
  32. 参考文献 / p48 (0026.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172187
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172462
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336501
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ