グリア細胞における誘導型一酸化窒素合成酵素の発現機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 西屋, 禎 ニシヤ, タダシ

書誌事項

タイトル

グリア細胞における誘導型一酸化窒素合成酵素の発現機構に関する研究

著者名

西屋, 禎

著者別名

ニシヤ, タダシ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第4719号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

92p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(薬学)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略語表 / p1 (0008.jp2)
  3. 序章 / p3 (0010.jp2)
  4. 一般的手法(Standard Protocol,S.P.) / p6 (0013.jp2)
  5. (1)低融点アガロースゲルからのDNAの抽出 / p6 (0013.jp2)
  6. (2)A付加 / p6 (0013.jp2)
  7. (3)ライゲーション / p6 (0013.jp2)
  8. (4)トランスフォーメーション / p7 (0014.jp2)
  9. (5)大腸菌からのプラスミドDNAの少量調製(アルカリSDS法) / p7 (0014.jp2)
  10. (6)大腸菌からのプラスミドDNAの大量調製(Triton-lysozyme法) / p7 (0014.jp2)
  11. (7)DNAシークエンス / p8 (0015.jp2)
  12. (8)C6細胞からのwhole cell lysatesの調製 / p9 (0016.jp2)
  13. (9)C6細胞からの粗細胞質画分と粗膜画分の調製 / p9 (0016.jp2)
  14. (10)ノーザンブロッティング / p9 (0016.jp2)
  15. (11)大腸菌内IкBαタンパク質の発現チェック / p11 (0018.jp2)
  16. 第1章 C6細胞におけるiNOS誘導とherbimycin Aの及ぼす影響 / p12 (0019.jp2)
  17. 1-1.はじめに / p13 (0020.jp2)
  18. 1-2.実験方法 / p13 (0020.jp2)
  19. 1-3.実験結果 / p15 (0022.jp2)
  20. 1-4.考察 / p15 (0022.jp2)
  21. 第2章 iNOS誘導におけるNF-кBシグナリングの関与 / p20 (0027.jp2)
  22. 2-1.はじめに / p21 (0028.jp2)
  23. 2-2.実験方法 / p21 (0028.jp2)
  24. 2-3.実験結果 / p31 (0043.jp2)
  25. 2-4.考察 / p33 (0039.jp2)
  26. 第3章 IкBα kinase(IKK)の同定とherbimycin Aの作用点の解析 / p45 (0052.jp2)
  27. 3-1.はじめに / p46 (0053.jp2)
  28. 3-2.実験方法 / p46 (0053.jp2)
  29. 3-3.実験結果 / p53 (0060.jp2)
  30. 3-4.考察 / p54 (0061.jp2)
  31. 第4章 iNOS誘導におけるIFN-γシグナリングの関与 / p63 (0070.jp2)
  32. 4-1.はじめに / p64 (0071.jp2)
  33. 4-2.実験方法 / p65 (0072.jp2)
  34. 4-3.実験結果 / p71 (0078.jp2)
  35. 4-4.考察 / p73 (0080.jp2)
  36. 終章(本研究の総括と今後の展開) / p83 (0090.jp2)
  37. 謝辞 / p88 (0095.jp2)
  38. 参考文献 / p89 (0096.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172277
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172552
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000336591
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ