π-アリルパラジウム錯体を用いたCrinine型アルカロイド類の全合成及びその錯体形成過程の解明

この論文をさがす

著者

    • 西亦, 豊希 ニシマタ, トヨキ

書誌事項

タイトル

π-アリルパラジウム錯体を用いたCrinine型アルカロイド類の全合成及びその錯体形成過程の解明

著者名

西亦, 豊希

著者別名

ニシマタ, トヨキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第4726号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

111p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(薬学)

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 本論 / (0009.jp2)
  4. 第一章 crinine型アルカロイドの全合成計画 / p4 (0009.jp2)
  5. 第一節 crinine型ヒガンバナアルカロイドの総論 / p4 (0009.jp2)
  6. 第二節 他のグループによるcrinine型化合物の全合成研究 / p6 (0011.jp2)
  7. 第三節 crinine型アルカロイドの全合成計画 / p11 (0016.jp2)
  8. 第二章 π-アリルパラジウム中間体を経由する触媒的不斉合成 / p14 (0016.jp2)
  9. 第一節 触媒的不斉合成の背景とキラルシントンの合成計画 / p14 (0019.jp2)
  10. 第二節 π-アリルパラジウム中間体を経由する触媒的不斉合成 / p16 (0021.jp2)
  11. 第三節 エノール炭酸エステルの開発 / p19 (0024.jp2)
  12. 第三章 π-アリルパラジウム中間体の錯体形成過程の解明 / p24 (0029.jp2)
  13. 第一節 光学活性パラジウム触媒によるアリル化合物の速度論的光学分割 / p24 (0029.jp2)
  14. 第二節 〔Pd(S)-binapo(allyl)〕錯体の合成と固相における構造 / p28 (0033.jp2)
  15. 第三節 〔Pc(S)-binapo(allyl)〕錯体の溶液中における挙動 / p35 (0040.jp2)
  16. 第四節 光学活性パラジウム触媒を用いたアリルアルコールの合成 / p43 (0048.jp2)
  17. 第四章 crinine型アルカロイドの全合成 / p46 (0051.jp2)
  18. 第一節 ルイス酸による2-アリールシクロヘキセン骨格の転移反応 / p46 (0051.jp2)
  19. 第二節 分子内カルボニルエン反応によるcis-3a-アリールオクタヒドロインドール骨格の構築 / p49 (0054.jp2)
  20. 第三節 crinine型アルカロイドの全合成 / p51 (0056.jp2)
  21. 結語 / p58 (0063.jp2)
  22. 実験の部 / p59 (0064.jp2)
  23. エックス線結晶解析の部 / p86 (0091.jp2)
  24. 参考文献 / p108 (0113.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172284
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172559
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000336598
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ